[セール]Humble CRYENGINE Bundle 2018 がスタート Sniper Ghost Warrior 3などCRYENGINEを使ったゲームがお得

セール
スポンサーリンク

Humble CRYENGINE Bundle 2018 がスタート

ゲームをバンドルにして格安で提供してくれる超優良セラー、
Humble Bundleにて、Crytek社のCRYENGINEを使ったゲームを特集した、

がスタートしています。

 

期間は2018年5月16日午前3時までといった感じです。
(詳細はHumbleのサイトでご確認ください)

今回のコースは1ドル、平均額、15ドルの3段階制度になっています。

それでは内容を見ていきたいと思います。

1ドルコース


Rolling Sun

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:498円
  • 評価(最近/全て):賛否両論
  • 内容:ひたすら球を転がすというゲーム。
    若干挙動がおかしいこともあるということですが、シンプルなパズルゲームを遊びたい方にオススメ。
  • 日本語:なし

Aporia: Beyond The Valley

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:1,680円
  • 評価(最近/全て):非常に好評
  • 内容:パズルを解き明かしながらシナリオを進めるアドベンチャーゲーム。
    グラフィックが美しく、また徐々に明かされていくストーリーも好評のようです。
  • 日本語:なし

The Land of Pain

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:999円
  • 評価(最近/全て):ほぼ好評
  • 内容:謎の世界に放り込まれた状態から脱出を試みるアクションアドベンチャーゲーム。
    クトゥルフ神話をモチーフにしたホラー要素あふれる内容となっているようです。
    SAN値が削られますので、怖い系が苦手な方はちょっと注意が必要かも(T_T)
  • 日本語:なし

1ドルコースにはその他に、
CRYENGINE V Samples
CRYENGINE Webinar Training Videos
Crysis Animation Pack
といった3つが含まれますが、
これらは体験版であったりサンプル映像だったりとゲームではありません。
ですので1ドルコースは実質ゲーム3本ということになりますね。


平均額コース(執筆時 .09)


Miscreated

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:2,570円
  • 評価(最近/全て):ほぼ好評/賛否両論
  • 内容:まだアーリーアクセス中のゾンビ系要素を含んだサバイバルゲーム。H1Z1のカジュアルな部分とDayzのハードな部分をミックスしてバランスを取っているような内容という評価もありました。全体の評価がイマイチですが直近は持ち直しているということは、開発が進むに連れて徐々に内容が洗練されてきているという見方もできそうですね。
  • 日本語:なし

SNOW – Pro Pack DLC

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:2,570円
  • 評価(最近/全て):-
  • 内容:こちらは雪山スポーツゲーであるSNOWのDLCとなります。
    SNOW本体は無料で遊べるゲームで、そちらを補完するコンテツと言った感じですね。内容としてはツール3つ、機器アイテム10個、服装系アイテムが14個と、キャラカスタマイズ系の要素を含んでいます。
    またスノーモービルとプロップツールを含みますので探索を進めたい場合にも便利な内容となっています。
  • 日本語:なし

Sniper: Ghost Warrior 2

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:-円
  • 評価(最近/全て):-
  • 内容:こちらおま国になっていて日本のSteamからでは見られません。
    しかしながらキーを有効化し日本語化する方法も有るようです。。。
    ただし、今回のHumbleのキーを有効化し日本語化までできるかどうかはなんとも保証できないのでその点はご注意ください。
  • 日本語:頑張れば(おそらく)可能

UAYEB

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:3,090円
  • 評価(最近/全て):-
  • 内容:1人(+声優2人)で作ったというインディ・オープンワールドパズルゲーム。
    16平方キロメートルあるマップを舞台に冒険、クラフト、サバイバル、パズルといった要素を盛り込み、ストーリーを追いかける内容となっています。
    公式によるとゲームクリアまで50時間かかるとのこと。
    グラフィックも綺麗でなかなかおもしろそうな印象を受けました(・∀・)
  • 日本語:なし

Ryse: Son of Rome

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:1,499円
  • 評価(最近/全て):ほぼ好評/非常に好評
  • 内容:プレイヤーはローマ帝国の部隊長となり、都市、ジャングル、海岸線での上陸作戦といった様々な舞台・ミッションをこなしていくアクションゲーム。
    アクション要素はバットマン アーカム・アサイラムに似ているというレビューもありました。
  • 日本語:有志による日本語化あり

その他平均額コースには
Underwater Demo Level
Robinson: The Journey Asset Pack
Ryse Egypt Asset Pack
といった内容があります。
これらはデモであったり、CRYENGINEで使うアセットファイルとなっています。


15ドル以上コース

Sniper Ghost Warrior 3

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:2,990円
  • 評価(最近/全て):賛否両論/賛否両論
  • 内容:ロシア国境付近のグルジアに投下されたアメリカン・スナイパーとなり、様々なミッションをこなしていくFPS。評価がよろしくないのは、まず日本語化で揉めた経緯がある点。
    そしてスナイパーゲーなのにスナイプ要素がやや微妙という内容性にあるようです。

    ただ、全くダメなゲームかと言うとそこまででも無いようですので、
    スナイパー、ロシアとグルジアの紛争といったキーワードにピン!ときた方はチャレンジしてみても良いんじゃないでしょうか。

  • 日本語:過去に色々とありましたが現在は公式に日本語あり

Homefront: The Revolution

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:2,980円
  • 評価(最近/全て):賛否両論/賛否両論
  • 内容:北朝鮮に支配されたアメリカを描く名作FPSホームフロントの続編。
    評価がイマイチなのは発売直後バグが多く、それらの影響を引きずっていると思われます。
    現在は修正によりだいぶ安定してきているようです。
  • 日本語:公式に日本語あり

15ドル以上コースにはこの他にも
Deceit Asset Pack
The Climb Asset Pack
といった内容が含まれています。
Deceitは無料プレイできるのでAssetの恩恵は受けられると思うのですが、
The ClimbはOculusストアで買わないといけませんし、
更にVRゲームですので有効に活用できる人はかなり限られていると思います(・_・)

ボーナス

1ドル以上コースで

10% off your first month of Humble Monthly
(Humbleマンスリー会員の初回が10%OFFになるクーポンコード)

Aporia: Beyond the Valley Soundtrack(サントラ)

SNOW Pro Pack Soundtrack(サントラ)

が貰えます。


平均額以上コースで
Robinson: The Journey

がHumbleストアで50%OFFで買える権利がもらえます。
これ結構面白そうなんですよね~。


まとめ

以上、Humble CRYENGINE Bundle 2018のコース別内容紹介でした。

今回のバンドルもシステムはいつもと同様で、平均額コースを支払えば1ドルコースのものももらえ、15ドルコースを支払えば1ドルコース、平均額コースのものももらえます。

参考価格

  • 1$コース:3,177円分
  • 平均額コース:12,906円分(Sniper: Ghost Warrior 2含めず)
  • 15$コース:18,876円分

となっています(クーポン、ボーナス、アセット等は含まず)。

さて、今回のBundleですが、

1ドルコース:ちょっとトータル額がいつもより低い

平均額コース:おすすめ

15ドルコース:FPSが好きならおすすめ

という感じです。

 

全体的にアセット等が多く、ゲームを持ってない人にとっては
あまり恩恵を受けられない内容であるのが気になりました( ´Д`)

逆に対象となるゲームを持ってる人で、更にアセットに価値を見いだせる人には
またそれらの意味合いが違ってくると思います。

とはいえ、バンドルのゲームそのもののを客観的に見てみると
特にハズレがあるわけでもなくよくまとまっていると思います。

特にFPSが好きな人は15ドルコースはなかなかおすすめだと思います。

以上、Humble CRYENGINE Bundle 2018の紹介でした。

それではまた( ・ㅂ・)و ̑̑