Her Story 紹介と攻略(ネタバレ無し)

PCゲーム

スポンサーリンク

Her Storyとはどんなゲームか

Steamで配信され、各方面で絶賛されているインディゲームで、ジャンルとしてはこれまでに無い新しいタイプのアドベンチャーゲームです。

ジャンル:ミステリー、アドベンチャー

開発:Sam Barlow

パブリッシャー:Sam Barlow

リリース日:2015年6月24日

斬新なプレイスタイル

まず

Her Storyはゲームとして他に類がない斬新なスタイル

という事に尽きます。

プレイヤーはある事件に関係する証言映像を見て事件の真相を追い求めますが、証言映像の数が膨大な上にちょうど良いところでブツ切りになっているため断片的な情報しか得ることができません。

地道に調査を進めて得られた証言映像元に推理を積み重ねていきます。

とはいえ、そんなに小難しい事をやるわけではないので、メモを片手に調査を進めていけば大丈夫です( ・ㅂ・)و ̑̑

ちょっとホラーテイスト?

ネタバレしないでなんとか説明しますと、操作を進めていくと段階的にある事柄がゲーム中で発生します。

これがちょっとだけ不気味系なゲームBGMと相まって、
私は最初見た時、ひぇ~~~~~( ´Д`)
と背筋がぞっとしました。
そしてこれがクリアまでに何度か発生します(-_-)

実はクリアすればこれは怖いことでもなんでもなく、ああ~そういうことだったのかっ!!
と、なるんですがプレイ中はそんなこと分からないのでビビリまくりです。

ネタバレ無しなので詳細は言えませんが、もし怖い系がどうしてもどうしても苦手な方は

ゲーム中に表示される設定の項目でアンチグレアにチェックを入れましょう

これでぞくぞくっとする体験が抑制されます。

ただ、本当の意味でのゲームの真相究明には、このひぇ~~~~が必要な演出なのでできれば我慢してアンチグレア無しで進めて欲しいです(-人-)

ゲームの値段が安い

Her StoryはSteamでしょっちゅうセールが行われていて2017年のサマーセールではこれまでの最安値の197円です(定価598円の67%OFF)

正直数時間で終わる内容であることと、再プレイ性があまりないゲームですので定価だとちょっとうーんと思うところはあります。

ただ197円となるとまた別で、十分価格分は楽しめると思います。

 

ゲームプレイ時の注意点

【超重要】ネタバレしないためのネタバレ

これからプレイする方にぜひこれだけはお伝えしたい事があります。

ゲームを良い感じで進めていくと、

どう?分かった?

的なメッセージが届きます。

それに対してこちらから返信を送ることができます。
(この時返信欄には、”はい” ”いいえ”が入力できます。)

で、大事なことを言います。

プレイヤーであるあなたが真相が本当に分かったと思わないうちは、返事を絶対にしないで下さい。

とても大事な事なのでもう一度

どんな事があっても絶対に返事をしないで下さい

返事を入力すると相手がものすごく大事なことをさらっといきなり言います。

私は、なんとなく分かったけどまだバッチリじゃない。
でも聞かれたから今はまあ適当にはいって返しとくか~続きはまた明日~~
と軽い気持ちで返事をしたらいきなり重要な事を伝えられ、その瞬間に面白さが半減してしまいました(T_T)

えっ!?そんな重要な事今ここであっさり言うの??って感じです(T_T)

これから遊ぶ方は是非とも返事をしないで真実を探って下さい。

セーブとかどうするの?

上の問いかけの返答とも関係するんですが、このゲーム途中セーブをプレイヤー側から行う事が出来ません。
というか、私はどうやって途中で止めるのかさっぱり分からず、
やってきた問いかけに返事をして中断のアクションになるのかな?と誤解してしまいました。

実際は常に自動セーブされているんですよね。
そして途中でやめても次回は続きからスタートしてくれます。

ですので真相が分からないけど適当に返事しとくかではなくて返事をしないでゲームを中断してしまいましょう。

Her Story2が出るかも??

開発者からのアナウンス

まだ未確定の段階でははありますが、どうも開発者が最近になってSNS等で
Her Story2が出るんじゃないの~~
とほのめかすような発言をしています。
※2017年6月30日時点

もしそうなら楽しみです。

まとめ

Her Storyは価格も安く、また他に類を見ない斬新なゲーム内容なのでオススメです。

主演女優のViva Seifertさんは2015年のさるゲーム表彰式でなんとあのウィッチャー3を抑えて受賞しているほど素晴らしい演技を見せてくれます。

プレイ時間も短くてすみますし、実績の解除も簡単な方ですのでぜひ体験してみて下さい。