イース7 PC版が2017年夏、Steamに登場予定!

PCゲーム
スポンサーリンク

なお、日本語が入っているかは不明

あの日本人差別が大好きな事で有名なファルコムが、

イース7 PC版をこの夏Steamで発売予定とgematsu.comが報じています。

かつてPSPで発売されたイース7の移植作となります。

↓gematsu.comの紹介記事です

今回のPC版移植ですが、以前中国向けにリリースして非難囂々だったものではなく、新たにローカライズ化を行っているそうです。

なお、日本語が入っているかどうかは分かりません。

ファルコムの事だから入ってない可能性も十分ありますね・・・
ていうか入っとらんだろたぶん(-_-)

ファルコムは変わる時期に来ていると思う

ファルコムと言えば日本の老舗PCゲーム会社なのに

Steamの日本向け販売では日本語をわざわざ手間暇かけて抜いてから売る

という、いわゆる「おま語」で有名なメーカーの一つです。

ファルコムと言えばおま語、おま語と言えばファルコム

とPCゲーマーから認識されています。

また先日のStesmサマーセールでも日本語をわざわざ抜いて売っている状態なのにファルコム公式がセールの宣伝を行いツイッターのタイムラインが荒れまくるといういつもの得意技を見せてくれました。

そんな感じでPCゲーマーから日々ヘイトを集め続け、批判・罵倒・嘲笑の対象になっているファルコムですが、
今回自社の看板タイトルであるイース7をPCで発売するという決断に至った事は、ファルコムが変わるチャンスではないかと考えます。

昔はPCゲームのRPGと言えばファルコムだった

一昔前のファルコムはイース、ドラゴンスレイヤー、ブランディッシュなどPCゲームで一時代を築いた超優良メーカーでした。

そのファルコムが今や日本語をわざわざ抜いてPCゲームを売っている。
この状況が古くからのファンを失望させているのだと思います。

今批判している人達はファルコムのゲームをPCで遊びたいのに遊べない状況が歯がゆいから騒いでいるわけで、
日本語を入れ、ごくまっとうな状態で売ってくれれば批判はすぐに収まるだろうと思われます。

今回のイース7PC版リリースによってファルコムがユーザーが求めているものが何かを理解し、正しい方向に向かってくれるのを、かつての1ファルコムファンとしては願うばかりです。