GMGでRAGE 2を予約購入すると初代RAGEが貰えるようです

セール

2019/5/9

初代RAGEの無料配布が終了する日時とそれに伴う注意点について一番下に追記しました。


来週、5月14日に発売のRAGE 2。

Green Man Gaming(GMG)で事前予約購入が安いと先日紹介しました。

こちらの記事で紹介したようにベセスダやSteamで買うより
3,000円ほど安いのでお得なんですが、ここにきて更に

事前予約購入者には、前作RAGEのゲームキーもプレゼント

というキャンペーンが追加されたようです。

 

この記事ではそのプレゼントキャンペーンについて簡単に紹介してみたいと思います。

セールには期日があります

[Disclosure:記事内にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

キー販売サイトの利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
情報には正確を期するよう努めていますが、
最終的なアクティベートの可否、収録言語等について一切責任は持てません。
セールには時間・本数等限りがある事があります。
アクセス時期によってはセールが終了している可能性があります。

スポンサーリンク

RAGE 2の予約購入で初代 RAGE がもらえる

 

 

わんこ
わんこ

今回は手短な紹介です

まずこちらのGMG公式ツイッターアカウントの投稿を御覧ください。

要点だけ書き出してみると…

when you do buy the game you get a copy of the original RAGE as well!

「ゲームを買うとオリジナルのRAGEが貰える!」

ということです。
この場合「original」ってのは本物とかそういうことでなく、
原典というか起源というか初代的な意味あいかと思います。
英語って難しいですよね…(・_・)

で、この後色々なやり取りを調べまして、以下の事が分かりました。

  1. 既に事前予約でRAGE 2を買った人ももらえる。心配ならGMGのサポートに連絡を(公式の回答)
  2. プレゼントでもらえるRAGEはSteam用のキー(こちらはGMG公式の返事ではなく一般ユーザーによる情報)

まず1から。
キーは既に購入済みの方にも配られるようですが、
もしなかなか届かないという場合の連絡はこちらのGMGサポート連絡ページから行えます。

Submit a request – Green Man Gaming

ツイッターのやり取りをみていると4月26日購入の方にも対応しそうな雰囲気でしたが、どこまで遡って対応してくれるのかは分かりません。

 

次に2番目のゲームキーについて。
プレゼントで貰えるRAGEのキーはSteam用のキーということですが、
これはGMGのRAGE 2販売ページのコメント欄におけるフォーラムモデレーターからの情報です。
GMGが公式にSteamのキーですと明記していない点はご注意ください。
とは言えこれまでGMGの掲示板ではモデレーターの投稿≒GMG公式見解と考えてほぼ問題ないなのでおそらくSteamキーで間違いないのかと。

ただし、このプレゼントキーが日本からアクティベートできるかまでは不明です。
ベセスダなのでおそらく大丈夫だとは思われますが、
管理人の方でハッキリとは言えないのでご了承ください(´・_・`)

GMGで販売しているRAGE 2の価格・リージョン・言語等の情報はこちらの記事を参考になさってください。

おわりに

以上GMGでのRAGE 2予約購入で初代RAGEも貰えるキャンペーンの紹介でした。

このキャンペーン、GMGのRAGE2の販売ページには何も書いてないんですよね。

先程のキーがSteam向けであるかどうかなども含め、
ページにはっきりと書いてくれれば良いんですが…(´・_・`)

しかし初代が貰えることで更にお得度が高まりました。
せっかくなので2を買って、おまけで初代も貰って遊んでみてはどうでしょうか。

それでは( ゚д゚)ノ

追記:RAGEの無料配布期限は5月14日いっぱい

GMGからの連絡で次のような案内が来ました。

receive a free copy of Rage for Steam. Offer ends 14th May at 15:00 UTC

  • 受け取るキーはSteam版
  • そしてこのプレゼントオファーの期限は5月14日15:00(UTC)

となっています。

14th May at 15:00 UTCを日本時間に換算すると5月15日の0:00です。
なので5月14日いっぱいが期限と考えてよさそうですね。

購入には期限がありますのでご注意ください。

以上RAGE1プレゼントキャンペーンの終了日時に関する追記でした。