MSI製品購入でレインボーシックスシージ アドバンスエディションがもらえる-自作PCへの道#2

ゲーミングDIY

先日、MSIのアサシンクリードオデッセイがもらえるキャンペーンで
対象のマザーが管理人にとって(ここ重要)、
いまいちしっくり来ないのでGIGABYTEのマザーにしようかなぁ・・・と考えた管理人。

MSIキャンペーンでSandyおじさんからの転生を狙うもなんかしっくり来ない -自作PCへの道#1
MSIのアサシンクリード・オデッセイ プレゼントキャンペーンを活かしてPCを作ろうと思った管理人。 ただどうもすんなりとは行かず全然違う方向に進み出しました。

だがしかし、MSIが今度はマザーボードを含む対象製品購入で、

レインボーシックスシージ アドバンスエディションがもらえるキャンペーン

をスタートさせました( ゚д゚)

MSIこんなに頑張ってどうしちゃったの?
他のメーカーもキャンペーンしてほしい!

という感じですが、また管理人のマザーボード選びが振り出しに戻りそうな気も・・・( -_-)

以下MSIの新キャンペーンの内容を確認しつつマザーボード選びを進めてみたいと思います。

PCパーツ選びは人それぞれ目的も好みも異なるもの。
この記事はとある1個人の忘備録という感じでお読みください。
スポンサーリンク

対象製品購入でレインボーシックスシージ アドバンスエディションがもらえる!

キャンペーン概要

今回のキャンペーンページはこちらです。

エムエスアイコンピュータージャパン

対象となるMSI製品を購入し、登録することでレインボーシックスシージ アドバンスエディションがもらえるといった内容になっています。

個人的にはレインボーシックスシージはやらないと思うのでその点は微妙ですが、このゲームが欲しい方にとってはとても魅力的な内容かと思います。

キャンペーン期間:2018年10月29日~2018年12月31日

コードの引き換え:2018年10月29日~2019年1月31日

そして、予定数量に達し次第終了とのことです。

※詳細は公式サイトをご確認ください。

 

対象製品はマザーボード、グラフィックカード、ゲーミングデスクトップPC、キーボード、モニターと多岐にわたっています。

以下各製品ごとにどんな感じか見ていきます。

AMD製CPU向けマザーボード

対象となるのは以下の製品となっています。

B450 TOMAHAWK

B450M MORTAR TITANIUM

白いマザーはカッコよくて惹かれるんですがATXじゃないんですよねえ・・・。

B450M BAZOOKA PLUS

B450M PRO-M2

B450 GAMING PLUS

考察

今回はM-ATXのマザーが多いですね。
白いマザーは欲しいので気になるところですが、M-ATXを候補に考えていなかったのでどうしたものか思案中です。

ATXはB450 TOMAHAWKとB450 GAMING PLUSの2枚です。
それぞれ構成を調べて受けた印象は・・・。

B450 TOMAHAWK

  • 15,000円ほどと手頃
  • M.2ヒートシンクなし
  • LANがIntelじゃない

B450 GAMING PLUS

  • 10,000円ほどと安価
  • 赤&黒でMSIらしいかっこいいデザイン
  • M.2ヒートシンクなし
  • LANがIntelじゃない

となっています。

うーん( -_-)

これだと同じB450で、先日選んだGIGABYTEの

GIGABYTE B450 AORUS PRO WIFI

GIGABYTE B450 AORUS PRO WIFI ATX マザーボード [AMD B450チップセット搭載] MB4533
日本ギガバイト
¥15,998 (¥1,882 / kg)(2019/10/01 02:12時点)

に比べてちょっと今一つな気がします・・・。

MSIのマザーが決してダメということじゃないです。
ダメじゃないんだけど、同じチップセット&同じ価格帯であれば
ギガのB450 AORUS PRO WIFIの方が圧倒的にコストパフォーマンスが高そうに見えます(管理人には)。

なのでATXでは今回のキャンペーン対象MSIマザーは選択しづらいです。

ただ、M-ATXに関してはこれまで全く考えてなかったので、また案を練り直してみたいと思います。。。

Intel製CPU向けマザーボード

H370 GAMING PRO CARBON

H370 GAMING PLUS

H370M BAZOOKA

考察

Intel製CPU向けからはこちらの3枚がエントリーとなりました。
AMDのCPUを考えているのでIntel向けマザーについてはあまり調べておらず、特に書けることがありません・・・。

管理人はIntelがダメとかそういう宗教的な事を言うつもりはないです。

  • 脆弱性の問題がまだ残っている(特に最新のCPU以外を選んだ場合)
  • 今Intel製CPUは市場に数が少なくて高騰している

というのがネックになってます。
特に価格がものすごく上がっているのが辛い( -_-)

価格のことがなければ、脆弱性と言っても個人ユースでそこまで神経質にならなくても良いと割り切りIntel製CPUを選んだかもしれませんが・・・。

キャンペーン対象グラフィックスカード

グラボもたくさん対象になっています。

GeForce RTX 2080 GAMING X TRIO

GeForce RTX 2080 VENTUS 8G OC

GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G

GeForce RTX 2070 ARMOR 8G

GeForce GTX 1080 GAMING X 8G

GeForce GTX 1080 GAMING 8G

このX付きじゃない1080のグラボ、MSIのページにも詳細が載ってないような。。。

GeForce GTX 1080 ARMOR 8G OC

Radeon RX 580 ARMOR MK II 8G OC

Radeon RX 570 ARMOR 8G OC

キャンペーン対象デスクトップPC

Trident 3 Arctic 8RD-064JP

GTX1070を搭載したゲーミングPCのようです。
今MSI製のこういうのがあるんですね・・・知りませんでした。

Trident 3 8RC-065JP

こちらは1060搭載です。

Trident 3 8RB-074JP

1050Ti搭載。

Trident 3 Arctic 8RC-255JP

ゲーミングチームとのコラボモデルだそうです。レインボーシックスシージ推奨モデルとのこと。1060搭載。

Trident 3 Arctic 8RC-076JP

こちらアマゾンで見つけられませんでしたが、ヨドバシ等別のオンライン販売店にはあるようです。
GTX1060搭載。

Trident 3 8RC-075JP

こちらもアマゾンにはありませんが、別のオンライン小売では販売されています。
GTX1060搭載。

 

Nightblade MI3 8RD-036JP

Nightblade MI3 8RC-037JP

この2つのNightbladeシリーズですが、型番036がGTX1070。型番037がGTX1060という逆にしたほうがわかりやすいんじゃないの?という仕様になっています。

なお、アマゾンだと末尾の型番が商品タイトルに記載がなく、
商品詳細欄の型式番号を注意深く読まないとわからない点に注意(´・_・`)


MSIってこういうゲーミングPCをたくさん出してるんですね。
全く知りませんでした( ̄o ̄;)

ゲーミングキーボード

Vigor GK80 CS JP

Vigor GK70 CS JP

WASDのキートップが他と異なる作りになっていて、FPSなどのPCゲームに適したデザインのようですね。
2つの大きな違いとしては、70はテンキーレス、80はフルサイズでメディアキーも搭載という点でしょうか。

ゲーミングモニター

Optix AG32C

リフレッシュレート165Hzの湾曲モニタ。
価格も4万を切って一応3万台なのでそこまで無茶苦茶高いわけでもないんですね。
こういうのでユーロトラックシミュレーターとかアセットコルサをやりたい( ´Д`)

Optix G24C

こちらは使いやすい24インチの湾曲モニタです。リフレッシュレートは144Hz。

おわりに ーマザーボード選びは仕切り直し

以上、MSIでスタートしたレインボーシックスシージアドバンスエディションがもらえるキャンペーンについてでした。

個人的にはマザーボード選びがまた振り出しに戻ってしまいました。

今回のキャンペーンのレインボーシックスシージは正直
もらえなくてももらえても良いのですが
マザーボードをM-ATXという選択肢を含めてもう一度考えてみたいと思います( ´Д`)

あと本当にAMDで良いのかももう一度考えたほうが良いかもしれない・・・。

というのもRyzenシリーズは録画・動画編集ツールに対してすこぶる相性が悪いというのをネットで見てやはり気になります。
OBSやAviUtlに対してあまり挙動が良くないらしいのですが・・・。

ただこればっかりは個人の環境にもよると思うので買ってみないとわからないと思います。

とはいえ、CPU+マザーなので安易に人柱になれるような金額でもなく、じっくり吟味が必要です・・・( -_-)

 

自作PCへの道はまだまだ長いものになりそうです。。。
それではまた( ゚д゚)ノ

この記事の内容はあくまで一個人の考え(妄想)によるものです。
実際に環境を構築してテストした結果に基づいてはいません。
内容に誤りがある可能性があります。

管理人が今の所選んだパーツ(仮。要再考。)

CPU:Ryzen 5 2600X

AMD CPU Ryzen 5 2600X with Wraith Spire cooler YD260XBCAFBOX
AMD
¥20,498 (¥2,704 / kg)(2019/10/01 00:26時点)

マザーボード:GIGABYTE B450 AORUS PRO WIFI

GIGABYTE B450 AORUS PRO WIFI ATX マザーボード [AMD B450チップセット搭載] MB4533
日本ギガバイト
¥15,998 (¥1,882 / kg)(2019/10/01 02:12時点)