World in Conflict(ワールド・イン・コンフリクト)をUBIが無料配布中(期間限定なので急いで)

無料
スポンサーリンク

World in Conflict(PC)が期間限定無料配布

米ソの冷戦が収束せず、全面対決になったらどうなるのか?というIFを描いた
リアルタイムストラテジー、World in Conflict(ワールド・イン・コンフリクト)をUBIが公式サイトにて無料配布しています。

UBI公式ツイッターからのお達し

World in Conflict(ワールド・イン・コンフリクト)の配布ページはこちらです↓

https://freetrial.ubisoft.com/promotions/world_in_conflict/12/

先日配布されたウォッチドッグスもですが、
UBIはよく無料配布をやってくれるのでありがたいですね(-人-)

World in Conflictの入手条件など

今回の無料配布には

Uplayの登録が必要

となっています。
UplayはUBIのソフトを遊ぶ時に起動するプログラムです。
導入が必須となりますので、今回のWorld in Conflict(ワールド・イン・コンフリクト)を遊びたい場合はインストールしましょう(・_・)

配布期間は2017年12月4日(月) 23:00~2017年12月11日(月) 19:00

となっています。
※詳細はサイトにて要確認。

具体的な入手手順

配布サイトに進むとこのような画面が表示されます。

「PC版で登録」をクリックしましょう

そこで既にUplay登録済みであればWorld in Conflictを紐付けるUplayアカウントの確認画面へ移行します。

Uplay未導入であればアカウント作成の手順を踏む必要があるかと思われます。
できればスムーズに事運ぶため、先にUBI公式サイトよりUplayのアカウントを作っておいたほうが良いかもしれませんね。

Uplay登録サイト-club UBI

World in Conflict(ワールド・イン・コンフリクト)の
入手が完了するとこのような画面が表示されます。

この時点でUplayのアカウント内にWorld in Conflictが登録されます。
一応念のためちゃんとアカウントに登録されているか確認したほうが良いかと思われます。

画面中央付近、「Uplay PCクライアントを起動!」をクリックすればUplayが起動しますのでそのままチェックしてみましょう!

配布は始まったばかりでまだまだ日数に余裕がありますが、気になる方はサクッと頂いておいた方が良いかと思います。

インストール後の注意

インストールに必要な容量は6.01GBです。

インストール後気になった点を紹介してみます(´・ω・)

なおこちらの環境は

  • win7 64bit
  • SSDにインストール
  • メモリ16G
  • GTX1060 6G

となっています。

日本語なし

Uplayにてインストール時に言語を選択できますが、日本語はありませんでした。
過去に日本語版は株式会社ズーより発売されていたので権利関係で色々あるのかもしれません。

またかつては有志製作の日本語化パッチがあったようですが、
調べたところ現在は日本語化用のファイルがリンク切れになっていて入手できませんでした。
ということで、現状では日本語化は難しそうです。

※もしもまた日本語化についてなにか分かりましたら追記したいと思います。

若干動作が不安定

インストール後、Uplayから起動しようとするとランチャーが立ち上がりますが、
これがまず英語で一瞬表示された後、
すかさず文字化けになって何が書いてあるのかさっぱり分かりません( -_-)

そして起動を行ったのですがムービー→タイトル画面と表示された瞬間に
原因不明のエラーで落ちてしまいました。

このタイミングで落ちる

その後もう一度起動をかけると今度は落ちずにタイトル画面でゲームスタート選択まで進むことが出来ました。

この落ちるエラーが初回だけのものなのか、定期的に発生するのかは分かりませんがあまり安定してはいないと思います。

元々ゲームがXP、Vista時代のもので若干古いことも関係しているのかもしれません。

その後チュートリアルを選択しましたが特に問題無く動作しました。

ワトソン教官に怒鳴られながらのチュートリアル


若干遊びにくい面もありますが、無料のものですのでそこは文句は言えませんよね(・ω・)
ありがたく頂いて遊ぶのが良いんじゃないでしょうか。

以上World in Conflict無料配布のお知らせでした。