[バンドル]Humbleで多彩なジャンルを集めた「カフェイン・バンドル」開始

セール

ゲームをバンドルにして格安で提供してくれる優良販売サイトHumble Bundleにて、
色々なジャンルのゲームを集めたバンドルセール、

セールページ Humble Caffeine Bundle

がスタートしています。

※バナークリックでバンドルセールページに移動。

期間は2019年2月6日午前3:59頃までとなっています。
※今回いつもより1分だけ短いという、謎仕様です(・_・)

 

今回のコースは3つ。

1ドル、平均額、12ドル

の3段階制度です。

ではさっそくどんな感じか見ていきましょう。

[Disclosure:記事内にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

キー販売サイトの利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
情報には正確を期すよう努めていますが、
最終的なアクティベートの可否、収録言語等について一切責任は持てません。

スポンサーリンク

過去のバンドルと被りが多い気がしますが…

今回のHumbleバンドル全体ページはこちらからご覧いただけます。

  • 以下、参考にSteamのバナーリンクを貼ってあります。
  • Humbleでバンドルを購入後、受け取ったゲームキーをSteamで有効化させます。
  • 記事作成のペースを上げるためシンプルな紹介とさせていただきます。ゲームの詳細はバンドルページ・およびSteamのページでご確認くださいm(_ _)m

1ドル以上コース

Headlander


GoNNER BLüEBERRY EDiTION

GoNNER BLüEBERRY EDiTIONは無料のDLCであって、ベースとなるGoNNERが必要となっています。
そしてGoNNER自体はSteamだと980円で販売されていて、今回のバンドルがどういうことなのかちょっと謎です…。


Treadnauts


Caffeine

Caffeineはゲームではなく配信用のプラットフォームとなります。OBSをサポートしておりゲーム実況などで使えそうですね。

ただSteamでは無料で配られており、

これを$1とはいえ有料コースのコンテンツ扱いとして含めるのはどうなの?とは思います(*_*)


Caffeine Gamer Pack

Caffeine向けのコンテンツセット。
しかしこちらはUKのみ利用可能で日本はおま国のようです。

平均額以上コース(執筆時6.41$)

This War of Mine


Ken Follett’s The Pillars of the Earth

Ken Follett’s The Pillars of the Earthは日本語されあればなぁ…というゲームの一つですよねえ。


Dear Esther: Landmark Edition

名作ウォーキングシミュレーターのリマスター版。

12ドル以上コース

Tyranny

Steamで一年のうち半分はセールになってるんじゃないか?というくらいよく見かける、バルダーズゲートの流れをくむ斜め見下ろし型のRPGです。


Shadow Tactics: Blades of the Shogun

ボーナスコンテンツ

$1以上コースで

Headlander Soundtrack

平均額以上コースで

This War of Mine Soundtrack

がもらえます。

まとめ・チェック

ベース価格とお得度

以上、Humble Caffeine Bundleのコース別内容紹介でした。

今回のバンドルもシステムはいつもと同様です。

1ドルを支払えば1ドルコースの内容
平均額を支払えば1ドルコースの内容+平均額コースの内容
12ドルを支払えば1ドルコース+平均額コースの内容+12ドルコースの内容

となっています。

参考価格(下位コース分を足し上げ)

  • 1$コース:2,990円分
  • 平均額コース:9,840円分
  • 13$コース:17,410円分

となっています。

バンドルの感想

今回のバンドルの特徴としては

1ドルコースはコンテンツに不明瞭なものがありおま国もある。

のが気になります。

Caffeineに関してはおそらくCaffeine Gamer Packのために含めていると思うのですが、肝心のGamer Packが日本はおま国という煮え切らない構成( -_-)

またGoNNER BLüEBERRY EDiTIONに関してはホントに意味が分かりません。
有料コンテンツであるGoNNERの方を配るならまだわかるんですが…。

 

平均額、$12コースについては内容もしっかりしており、支払い分の価値はあると思います。
ただし、これまでバンドルで取り扱いがあったりして被っているものが多いのは気になるところ。

 

とは言え、いずれのコースも支払額分を上回るコンテンツであることは間違いないので、欲しいゲームが含まれている場合に購入する分には損はしないと思います。

最後にセールページへのリンクを貼っておきます。

それでは( ゚д゚)ノ