Humble Monthly 2019年4月度早期解除はMutant Year Zero: Road to Eden、Northgard、Absolver [追記]

セール

2019/3/23 追記

早期解除分に Minit が追加されましたので一番下に追記します。


2019年4月度のHumble Monthlyの受付がスタートしました。

スタート時の早期解除は

Mutant Year Zero: Road to Eden

Northgard

Absolver

のゲーム3本(とDLC)となっています。

今月もなかなかの良作が揃ってます。
スタートからもうすでに100ドル近い内容になっています(・_・)

以下、4月のマンスリーバンドルについて詳しく見ていこうと思います。

[Disclosure:記事内にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

キー販売サイトの利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
情報には正確を期すよう努めていますが、
最終的なアクティベートの可否、収録言語等について一切責任は持てません。

スポンサーリンク

Humble Monthly 2019年4月度の早期公開分を紹介

ゲームをバンドルにして格安で提供してくれる優良セラー、
Humble Bundleにて、

月代わりのバンドルパック、Humble Monthly 2019年4月分の内容の一部が公開されています。

バンドルページはこちらです

バンドル販売期間は2019年4月6日午前3時ごろまでとなっています(詳細日時はHumbleのサイトでご確認を。)

※4月はサマータイムなので2019年4月6日午前2時ごろまでになるかと思います。訂正しますm(_ _)m

3月度の振り返り

2019年4月度の紹介の前に、2019年3月度の内容を振り返ってみます。

3月度で最終的なバンドルに含まれたゲームは次のようになりました。

  • Warhammer: Vermintide 2 – Collector’s Edition
  • EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair + all DLC(地球防衛軍)
  • Cultist Simulator
  • Tower Unite
  • Late Shift
  • Paradigm
  • Fight’N Rage
  • Slipstream
  • 20 Minute Metropolis(Humbleオリジナルゲーム)

合計9本(+DLCなど)、トータル価格としては$209.74となりました。

管理人は2月分を消化しきっていないので今回はスルーしました。
が、、、Late Shiftが最終的に入っていたのを見て後悔( -_-)

Late Shiftは先日、日本語にも対応して気になるゲームだったのでバンドルを買っとけばよかったです…。

とこのように後で頭を抱えるのもHumble Monthlyバンドルの楽しみ?の一つですよね(・∀・)

では4月分を見ていきましょう。

Humble Monthly 2019年4月分の早期解除内容

Mutant Year Zero: Road to Eden

  • 配布形式:Steamキー
  • Steam定価:3,600円
  • 内容:ミュータントが主人公のSRPG。
    このゲームは昨年12月にPC版がリリースされたばかりのほやほやの新作です。
    つい先日国内PS4向けにも配信が開始され、まさに今が旬のゲームを楽しめそうですね。
  • 日本語:あり

Northgard

  • 配布形式:Steamキー
  • Steam定価:3,090円
  • 内容:北欧バイキングの世界を舞台にしたRTSと街づくり要素がミックスしたゲーム。ついつい時間を忘れてプレイするという評判で評価も好評なようです。
    こちらもまだリリースされて1年弱のゲームです。
  • 日本語:なし

Absolver

  • 配布形式:Steamキー
  • Steam定価:2,980円
  • 内容:お面を被った人達を操作する格闘ゲーム。ガチガチの格闘よりもアクションゲームに寄せた作りとのこと。
    Steamでの評価がイマイチなので探ってみた所、
    リリース直後にサーバーのトラブルがあって(すでに解決済み・またオフラインモードもあります。)そこで低評価がついた→そのそものレビュー数があまり多くないのでその低評価分を相殺できないというパターン。
    次にフリープレイ時に遊んだもののどうも格闘ゲームがうまくないキッズ達がそろって暴れているパターン。
    最後に、長時間遊んでいるのにああだこうだと文句だけを延々と書き連ねている自称格闘ゲームファン(実態は一番迷惑な客)というパターン。
    などがありました( -_-)
    実際どうなのかは自分でプレイしてみないとなんとも言えないような感じです。
  • 日本語:なし

以上3本が早期解除分です。
これらは支払い直後にすぐキーが配布され遊ぶことが可能になります。

またバンドル販売期間終了後に残りのシークレット分も配布されます。

Humble Monthly 入会方法を解説

こちらの内容ですが、Humbleの該当ページの画像や見せ方がしょっちゅう微妙に変わるので、
細部が変わっていたら現状と合わせて読み替えてくださいm(_ _)m

Humble Monthly のページ下部にこのような画面があります。

会員のコースは

  • 1ヶ月会員:$12/月
  • 3ヶ月会員:$11.67/月
  • 半年会員:$11.17/月
  • 1年会員:$11/月

となっており、長期契約の方がお得になる仕組みです。
なお複数月会員の場合は最初に一括で会費を払うことになりますのでお財布と相談してください(・_・)

プランを選択したら下のSUBSCRIBEをクリックして入会します。
もしも月額会員権をギフトとして人にプレゼントしたい場合はSUBSCRIBEの下のチェックボックスをONにしてください。

Humble Monthly会員特典

Humble月額会員になれば毎月ゲームキーを受け取れる以外に、

Humbleストアのゲームが10%OFF

無料で遊べる会員専用のDRMフリーゲームの提供多数(Humble Trove)

という特典が受けられます。

Humble Troveのページはこちら

Humble Monthly Trove

Humble Troveは多数のフリーゲームを含んでおり、充実した内容となっています。

※提供されるゲームの内容は定期的に変更されます。

月額会員の中断設定を解説

現在会員の方で、おま国、コース分け、内容そのもの等が気に入らないなどの場合は会員期間の中断設定もできます。

会員の方はHumbleにログインした状態から、アカウント・セッティング ページ

Humble Bundle - Log In

に進んで、MANAGE MY SUBSCRIPTIONという項目を探します。

ボタンをクリックし、月額会員の管理・設定画面に進んでください。

ページを下に進むとこのようなボタン群があります。
赤枠で囲ったCANCEL MY PLANから月額会員終了・中断の設定画面に移ります。

 

こちらの画面から会員期間の中断や、会員をキレイさっぱりやめる等の選択が行えます。

この中断システムですが管理人は過去に
中断設定していたのがなぜか解除されていたというトラブルに巻き込まれたので
スポット購入している場合、1ヶ月だけ入会していてその後中断で様子を見る~よりは一旦完全にやめることをおすすめします。

どう考えてもMutant Year Zero: Road to Edenの価格が得すぎる件

以上、Humble Monthly2019年4月分の紹介でした。

早期解除は3本。

今月もいい作品が揃っていると思います。
今年に入ってから良い傾向が続いている感じです。

今回判明した3本だけでもSteam定価で9,670円分です。
すでに12ドルの月額分をあっさり取り返せる内容ですね。

特にMutant Year Zero: Road to Edenは新作で評価も高い良作。
普通に単品で買っても良いゲームだと思います。
それがバンドル価格で手に入るのはなかなかお得だと思います。

ちなみにMutant Year Zero: Road to EdenのSteamでの過去最安値は3,060円です。
このサイトで特に紹介はしませんでしたが
海外のキー販売サイトでもリリース前にGMGでVIP向けに15%OFFの29.74ドルだったのが他のショップも含めて管理人の知る範囲では最安だったと記憶しています。

Mutant Year Zero: Road to Edenは欧米よりも日本のほうが定価が低いので、
よほどの大幅安でも起こらない限り今後も海外キーサイトでの購入には頼れないと思います😥

このように今回のセールはおかしいぐらいの破格なので欲しい方は十分検討する価値があるかと。。。

また早期発表の3本以外にもセール終了後には追加のゲームがもらえます。
4月分も好バンドルになりそうですね。

それではまた( ゚д゚)ノ

2019/3/23 追記 新たに早期解除にMinitが追加

バンドル購入後すぐに遊べるゲームとして

Minit

が追加されました。

ただこのゲームは昨年10月にHumbleで行われた「Day of the Devs Bundle 2018」に含まれていたので、持ってる人もいるんじゃないかなぁと思うのですが…(´・_・`)

[バンドル]Humbleでインディゲームを特集したDay of the Devs Bundle 2018が開催
Humbleにてワーナー・ブラザーズ社のゲームを対象にしたバンドル、WB Games Classics Bundleがスタート。バットマンシリーズやマッドマックスを含んだ内容となっています。

Day of the Devs Bundle 2018の記事内よりMinitの紹介部分を抜粋します。


Minit

  • 配布形式:Steamキー
  • 定価:980円
  • 評価(最近/全て):非常に好評/非常に好評
  • 内容:モノトーンの世界を舞台にどこかとぼけた感じのキャラを操作して楽しむ冒険アクションゲーム。
    「1分で終わる冒険アクション」がキャッチコピーとなっており、自キャラは60秒後にお亡くなりになってしまいます。とはいえリスタート時には強化された状態が残るようなので、60秒の間にやれることを探り次の60秒でその探ったことにチャレンジする~というプレイスタイルになろうかと思います。
  • 日本語:あり
  • Win、Mac、Linux対応

Minit自体は面白そうなゲームではありますし、価格も980円とそこそこですので客観的にMonthlyバンドルに入るのは嬉しいゲームだと思います。

持っている方もある一定数はいるのではないか?というのがネックではありますが、そうでない方にはマンスリーバンドル4月度がさらに魅力的になりそうな追加発表ですね。

それでは。