Call of Duty Modern Warfareの価格ついて調査 #1

セール

2019年10月25日にリリース予定の

Call of Duty Modern Warfare

タイトルが過去作と似通ってて紛らわしいったらありゃしない
…ということは別として期待の新作シューターです。

今回のCall of Duty Modern Warfareでは
PC、PS4、Xboxのクロスプラットフォームが実現!
ということでゲームへの参加人数の面を考えるとより一層期待できそうです。
マルチプレイは人がいてこそ!ですしね。

そんなCall of Duty Modern Warfareの価格について調べてみたので紹介したいと思います。

主にPC版の価格調査を中心に他のプラットフォームについても触れます。

[Disclosure:記事内のテキスト・画像にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

キー販売サイトの利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
情報には正確を期するよう努めていますが、
最終的なアクティベートの可否、収録言語等について一切責任は持てません。
セールには時間・本数等限りがある事があります。
アクセス時期によってはセールが終了している可能性があります。

スポンサーリンク

PC版はBattle.net専売のようです

Call of Duty Modern WarfareのBattle.netでの価格をチェック

Call of Duty Modern WarfareのPC版はどうやらBattle.net専売になるようです。

そしてこのBattle.netなんですけど
日本は毎度毎度おま値なんですよねえ( ´Д`)

Battle.netの日本向けCall of Duty Modern Warfareの価格ページはこちらです。

Call of Duty®: Modern Warfare® - Call of Duty: MW | Blizzard Shop
潜入作戦に備えろ。Modern Warfare®再び! 戦争のリスクはなくならない。Tier1オペレーターの精鋭として、全世界の勢力に影響を及ぼす緊迫した戦況に参戦せよ。全てはここから始まった―Infinity Wardが、ゲーム史に残るModern Warfareシリーズの世界観を今一度描き直します。

価格が見えるようにスクリーンショットを撮ってみました。
また公式サイトの各エディション情報をスクリーンショットで引用しつつ紹介します。

スタンダード版:8,532円


オペレーター版:10,584円

※青枠内がスタンダード版との差分。


オペレーター改版 12,852円

※青枠内がスタンダード版との差分。赤枠内がオペレーター版との差分。


となっています。

各エディションの差分は
上位に行くにつれて下位エディションの内容をそのまま含む形でコンテンツが増える
スタイルですね。

例えばアサシンクリード・オデッセイのように
上位版が下位版を必ずしも網羅しないというような事はなく、
欲しい内容に応じてエディション選択がしやすいシステムなので好感が持てます。

以上が公式の日本向け価格です。

次に比較対象としてHumbleストアの内容を紹介します。

HumbleストアでのCall of Duty Modern Warfareの価格

Humbleに慣れていない方に少し補足すると、

  • Humleはゲームキーを公式より仕入れて売っている安全なショップです
  • Humbleでページが表示できていればリージョン制限の問題はクリアできています
  • Humbleの決済にはPayPalが使えますので安心
  • 少しでも不明な点がある場合、Humbleのサポートに質問すれば回答がもらえます(要英語)

という感じで優良PCゲームショップとなっています。

では以下HumbleのCall of Duty Modern Warfareの価格です。


Call of Duty®: Modern Warfare® – Standard Edition

$59.99。日本円だとおよそ6,500円ほどでしょうか。
バトルネットとの差額は2,000円ほどあります。

更にHumbleの月額会員であれば$6.00OFFになるようです。
そうなるとバトルネットとの差額は2,600円ほどになりそうです。


Call of Duty®: Modern Warfare® – Operator Edition

$79.99。日本円だとおよそ8,700円ほどでしょうか。
バトルネットとの差額は1,900円ほどあります。

更にHumbleの月額会員であれば$8.00OFFになるようです。
そうなるとバトルネットとの差額は2,700円ほどになりそうです。


Call of Duty®: Modern Warfare® – Operator Enhanced Edition

$99.99。日本円だとおよそ10,800円ほどでしょうか。
バトルネットとの差額は2,000円ほどあります。

更にHumbleの月額会員であれば$10.00OFFになるようです。
そうなるとバトルネットとの差額は3,000円ほどになりそうです。


Humbleで購入時の注意点

HumbleのCall of Duty Modern Warfareの販売ページには次のような注意書きがあります。

※画像はスタンダード版のもの

これは何かというと、「Humble Rewardsの対象外ですよ」という注意書きです。

なのでHumbleでCall of Duty Modern Warfareを購入しても
キャッシュバックの対象にならず
またHumble月額会員の特典である20%OFF効果の対象にも入っていない
ものと思われます。

なお収録言語については

システム要件の欄にJapaneseとありますので日本語ありのようです。

※Humbleでゲームを購入したあとは、Battle.netにゲームキーを登録して遊ぶことになりますので要Battle.netアカウントです。

PS4、XboxOne版

PS4

XboxOne

Call of Duty: Modern Warfare (輸入版:北米) - XboxOne
Activision(World)
¥9,400(2019/10/01 12:08時点)

PS4版はパッケージ売りが通常版のみで、オペレーター版とオペレーター改版はダウンロード販売のようです。
またマルチプレイはPlayStation Plus(有料)への加入が必要となっています。

XboxOne版については今の所国内パッケージ版が用意されておらず
パッケージが欲しい場合は輸入盤で遊ぶことになりそうです(´・_・`)

ダウンロード版は国内のマイクロソフトストアでちゃんと販売があるので
実質ダウンロード版を選択することになりそうですね。

おわりに

Call of Duty Modern Warfareのバトルネットの価格とHumbleの価格について主に紹介しました。

バトルネットの価格がおま値なのでHumbleで購入したほうが安いようです。

特にOperator Enhanced Editionを買う予定の場合、
Humble月額会員に12ドルで入会してOperator Enhanced Editionを10ドル引きで買えば実質2ドルで月額会員分のゲームがもらえるのでお得かと思います。

Humble Monthly 2019年10月度早期解除はBATTLETECH
Humble月額会員2019年10月度の早期解除はBATTLETECH。とても面白いシミュレーションRPGです。ロボットものが好き、フロントミッションが好きだった方にもオススメ。

まあ、「他のゲームは一切いらん!」という場合は普通にOperator Enhanced Editionを月額会員より10ドル高く買う方が、2ドル分得ではありますが…(・_・)

 

Humbleももしかすると
今後発売が迫るにつれて更にセールが来るかもしれませんし、
他のショップでも取り扱いが始まるかもしれません。

Call of Duty Modern Warfareについてはまた折をみて紹介したいと思います。

それでは( ゚д゚)ノ