ETS2とATSの挙動・ブレーキフィールの違いについて(訂正記事)

ETS2

スポンサーリンク

ETS2とATSの挙動とブレーキフィールは(ほぼ)同じ

以前ユーロトラックシミュレーター2(ETS2)とアメリカントラックシミュレーター(ATS)の比較をした際に、

「ETS2とATSではブレーキの感覚が異なる」

「慣性力が異なる」

という趣旨の事を書きました。

ATSとETS2の違い~ペダルセッティングが異なる
2018年1月9日修正 こちらの記事の内容には誤りがあります。 ETS2もATSもハンコンとペダルコントローラーのセッティングによってはほぼ似たブレーキ強度、フィーリングになります。 アメリカントラックシミュレ...
ATSとETS2の違い~慣性力の強さ
2018年1月9日修正 こちらの記事の内容には誤りがあります。 ETS2もATSもハンコンとペダルコントローラーのセッティングによってはほぼ似たフィーリング・慣性力になります。 アメリカントラックシミュレーター...

しかし最近になり、これは私のペダルコントローラーの設定が根本的な原因であり、ゲーム由来のものでは無いということが判明。
セッティングを見直したところ、両者のブレーキフィールは近いものであることに気が付きました。

誤解を招くことを書いてしまい大変申し訳ありませんでした。
しかもよりによってこの記事がETS2・ATSのハンコン関係でGoogle検索すると上位表示されていて恥ずかしすぎる( -_-)

なおタイトルで(ほぼ)同じとしているのはETS2とATSとでブレーキの感覚が全く同じであると断言はできないものの、だいたい同じような感触を得られているため、ほぼという表現にしてあります。

今回はETS2とATSで問題が発生しないハンコン(ペダル)設定についてと、ゲーム内でクルーズコントロールが機能しない場合の解決方法の1例を紹介したいと思います。

そもそも何を間違ったのか

ETS2とATSをLogicoolのGT Forceというハンコンとペダルで遊んでいるのですが、

ETS2はアクセルペダルを離すと急激に減速・停車し、ATSはアクセルを離してもすぐには減速せず速度が維持されながら緩やかに低下していくという状態になっていました。

このペダル挙動の違いについては、各々のゲームが持つ味付けの部分だとずーーーっと思い込んでいたんですね(´・ω・`)
マップが違うだけでほぼ同じようなゲームを作るよりも、このあたりでゲーム性に差別化をしているのだろうなーと勝手に解釈していました。

が先日紹介したGrand Gift Delivery 2017イベントを経てこの考えが完全に間違っていることに気がついた次第です。

ETS2でクルーズコントロールができない事に気がつく

ETS2では直線走行がATSに比べて少ないのと、自作でテンキーをハンコンに付ける前からETS2を遊んできたこともあり、設定を見直すのがめんどくさくて、ETS2ではクルーズコントロールを全く使わずにペダルのアクセル・ブレーキだけでずっと走ってました。

がGrand Gift Delivery 2017のイベントで走る際に流石に全部ペダル操作だけではきつくなってきたので、ETS2にもクルーズコントロールを設定しようとテンキーに割り振ったところ、

ETS2ではクルーズコントロールが全く効かない

という状態になってしまいました( -_-)
原因が全く分からず調べたのですが、どうもクルーズのボタンを押してもすぐに切れてしまう状態。

そこでETS2に関してネットで色々と調べたところ

「設定でブレーキがずっと踏みっぱなしになっていた」

という趣旨の事を言っている方を発見しました。

それでATSとETS2のペダル設定を見直してみたところ、ETS2側はアクセルペダルを離すだけでブレーキがかかるようなセッティングになっていた次第です( -_-)

ETS2の旧設定(速度が急減速)

アクセル:反転&センター

ブレーキ:センター

この組み合わせで私のハンコン&ペダルであるLogicool GT Force(PS2用:2001年式)だと、アクセルを離した途端に減速になるものの、ブレーキペダル自体も踏めば機能としてちゃんと使えるので、これが正しいセッティングだとずっと思っていました。

そもそもETS2やATSのペダル設定に関しては、反転、ノーマル、センターとあるのですが、これが何のことを言ってるのかゲーム内でわかりにくい仕様になっています( ´Д`)
よって実際ゲーム中のセッティングとしてはそれらの組み合わせを試行錯誤して行き、結果として動いたものを採用という形になろうかと思います。

そして上に挙げたようなアクセル&ブレーキの組み合わせだと、どうもブレーキが常にかかっている状態で走る事になるようで、
クルーズコントロールを押す→アクセルを離す→ブレーキがかかっている状態なのでクルーズ設定が即解除という形になるようです。

そこでペダル設定を見直し、

ETS2の新設定(ATSも同じ)

アクセル:反転&センター

ブレーキ:反転&センター

こうすることでアクセルを離しても急減速せず、またクルーズコントロールも使用可能になりました。

最後に

見直しを行ったのはペダルのブレーキに対する箇所だけですが、これを旧設定の「センター」にしていても何の問題もなくゲーム自体が遊べるのが一番ハマりやすい罠だと思われます。
しかもゲーム画面ではブレーキがずっとかかっているかどうかが一見しただけでは分かりません。

もしもETS2やATSでなんか急に車が止まると感じている人やクルーズコントロールを設定してもうまく動かないという方はハンコンないしはペダルの設定を見直してみると解決できるかもしれません。

最後になりますが、

ETS2もATSもブレーキの感覚に差異はほぼ無く、同等のフィーリングである

という結論に訂正したいと思います。

申し訳ありませんでした( -_-)