Humble Choice 2020年8月度がスタート | Vampyr、Wargrooveなど

スポンサーリンク
セール

追記

今月、2020年8月分に限りこれまでとは異なり
Premiumコースと、Classicコースの場合12本全部(+無料配布分も)が受け取れるようです。

併せて、記事内の該当箇所に注釈を追記しました。


ゲームやebookなどを特売で提供するHumbleにて
月額会員制度Humble Choice 2020年8月分がスタートしました。

こちらから確認できます

以下、2020年8月分のHumble Choiceについてチェックしていきたいと思います。

[Disclosure:記事内の文章・画像にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

ゲームキー販売サイトの利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
情報には正確を期すよう努めていますが、
最終的なアクティベートの可否、収録言語等について一切責任は持てません。

スポンサーリンク

Humble Choice 2020年8月度の内容

概要

バンドル販売期間は2020年9月5日午前2時ごろまでとなっています。

Humble Choiceの仕組みについてはこちらの過去記事を参照ください。

2020年8月度のラインナップはこの様になっています。

また今月のChoice会員には

  • Booth
  • Zodiac XX. Plus

のDRMフリー版が配布。

さらにHumbleがリリースする予定の

  • Wildfire!

の無料体験版が配布されます。

2020年8月分の内容

ゲームはSteamキー(一部はDRMフリー版)での配布となります。
以下、Steamのリンクを貼りつつ簡単に内容を紹介します。


Vampyr

突然ヴァンパイアになってしまったお医者さんの主人公が街の住人の血を吸うか否かを葛藤しながら物語を進めるアクションアドベンチャーゲーム。

Steamの言語欄に日本語対応と書かれていないのですが、有志による翻訳があるようですね。
詳しくはSteamのレビューで「最も参考になったレビュー」の方を御覧ください。


Hello Neighbor

Hello Neighbor: Hide and Seek

こちらは2つがセットになっているようです。
隣家の地下から侵入して他人の生活を覗き見るという、ろくでもないおっさんが主人公のゲームのようですね。どっからどう考えても犯罪です( -_-)


Wargroove

懐かしのファイアーエムブレム風のターンベースシミュレーションRPG。
エディターを使ったカスタマイズなどもあるようで、色々遊べそうです。

個人的に今月の中で一番プッシュしたいタイトル。


Call of Cthulhu

クトゥルフ神話をモチーフにした怖いゲーム( -_-)
評価もなかなか高く、プレイ時間もそこまで冗長ではないのでサクッと遊べそうですね。


Little Big Workshop

工場育成シミュレーションゲーム。
経営シミュレーションゲームは日本のメーカーからもう出なくなってしまいましたが、海外には面白そうなタイトルがたくさんありますよね。


Genesis Alpha One Deluxe Edition

宇宙探索をテーマにしたローグライクなFPSとのこと。
私はエイリアン的なのも怖くてダメなのでこれもちょっと…(´・_・`)


Automachef

キッチンをテーマにした経営シミュレーションゲームのようです。


Through the Darkest of Times

ヒトラーが首相になったドイツ帝国を部隊にレジスタンス活動をおこなうーというテーマのシミュレーション/アドベンチャーゲーム。


American Fugitive

見下ろしタイプのアクションアドベンチャーゲーム。


The Coma 2: Vicious Sisters

ホラーアドベンチャーゲーム。こちらも怖いゲームのようです( -_-)

ちょっと気になるのは、ストーリーが前作を踏襲ということで本作から入った人が理解できるかですね。

また日本語は無いようです。


We Were Here Together

寒波で遭難→避難した先で繰り広げられるパズルアドベンチャーゲーム。
プレイヤー同士協力することがポイントになるゲーム性のようで、完全シングルだとその辺りが気になります。


A Case of Distrust

独特のグラフィックが特徴的なアドベンチャーゲーム。
基本テキスト選択のようですが困ったことに日本語がなさそうです。

それからSteamページの画像を見た所、テキストと背景の色が区別しにくそうな箇所がいくつかあるので
OCRソフトで読み取って翻訳させるのがうまくいくかがちょっと気になりました(´・_・`)

注意点

※2020年8月度は特別に12本全てのゲームが受け取れるとのこと。
以下のいつもの注釈は該当しません。


選択できるゲームは12本。
なので最上位コースの人でも全部はもらえません( -_-)

まず重要どころのゲームを先に選択することをオススメします。

ゲームの詳細を確認する方法。

※画像は過去配布のDirt Rally 2.0の場合で紹介

DLCが含まれている場合の確認方法。

好きなものは最後にとっておくお楽しみ主義の方も
Humble Choiceに限っては
まず欲しい物から手に入れることをおすすめします。

Humble Choice 入会方法を解説

Humble Choice のページ下部に次の画像のような箇所があります。

ここの表示画像がしょっちゅう変わるので、適宜読み替えてくださいm(_ _)m

画像内、赤で示した箇所が月額会員のコース選択に関するもの。
3つのコースの中から選択します。

会員のコースは

  • LITE会員:$4.99/月 or $44.99/年
  • BASIC会員:$14.99/月 or $134.99/年
  • PREMIUM会員:$19.99/月 or $179.99/年

となっており、長期契約の方がお得になる仕組みです。
なお複数月会員の場合は最初に一括で会費を払うことになりますので
お財布と相談してください。

プランを選択したら下のSUBSCRIBEをクリックして入会します。

※画像の緑で示した箇所は月額会員の権利をギフトとしてプレゼントする場合の項目です。

Humble Choice 会員特典

Humble月額会員になれば毎月ゲームキーを受け取れる以外に、

  • Humbleストアのゲームが10%OFF(LITE、BASICコース)or20%OFF(PREMIUM、CLASSICコース)
  • 無料で遊べる会員専用のDRMフリーゲームの提供(Humble Trove)

という特典が受けられます。

20%OFFというのはかなり効果大。
Humbleでセール時の割引と組み合わせることで
他のゲームキー販売ストアと比較しても遜色ない激安価格になるほどのメリットがあります。

無料で遊べるHumble Troveについてはこちらの専用ページを御覧ください。

Humble Trove

Humble Troveには多数のフリーゲームが含まれていて
充実した内容となっています。

Troveで提供されるゲームの内容は定期的に変更されます。
欲しいものは早めに手に入れておきましょう。

月額会員を中断したい場合は…

現在会員の方で、おま国、コース分け、内容そのもの等が気に入らない…などの場合は会員期間の中断設定もできます。

会員の方はHumbleにログインした状態から、アカウント・セッティング ページ

Humble Bundle - Log In

に進んで、

MY SUBSCRIPTIONをクリックします。

※画像はすでにポーズにしてある状態です

MANAGE MY SUBSCRIPTIONという項目を探します。

表示される画面で各種ボタンをクリックし、月額会員のプラン変更、ポーズ、キャンセル等の設定画面に進み、手続きを行ってください。

※画像は2020年1月度をポーズしてある時のものです

おわりに

以上、Humble Choice 2020年8月分の紹介でした。

夏真っ盛りということでホラーよりのゲームが多いですね。
私のように怖いゲームが全くダメな方には辛いかもしれません…。

ゲームは日本語が実装されているものが多いですが、一部日本語無しのものがありますのでSteamのページで確認の上、選択したいですね。

今月もちゃんと支払い額分はしっかりと元が取れる内容だと思いますので
気になるゲームがある方はHumble Choiceに入会してみてはどうでしょうか。

それではまた( ゚д゚)ノ

タイトルとURLをコピーしました