とじとも 凶禍降臨 百鬼夜行 其の壱 天孤再臨 ☆3メインを含めた構成

とじとも

ネタに困ったらとじとも!
ということで、ほぼひと月ぶりの「とじとも」の話題です(´ω`)

とじともとはスマホゲーの「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」の愛称となります。

今回は現在開催中の凶禍降臨イベント、百鬼夜行 其の壱である天孤再臨についての話題&その他とじともの現状に関するなんやかんやを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

天孤戦で☆3を含めた構成は巫女清香で安定

管理人は相変わらず無課金ですが、とじともリリースの初日からやってるのでそこそこの戦力がある状態です。
ソシャゲで手持ちが人それぞれ異なるため、全ての方に当てはまる攻略法ではありませんが何かの参考になりましたら幸いですm(_ _)m

懐かしの天孤が再臨

今回の凶禍降臨イベントは5段階制度。

過去に登場した敵をそれぞれ倒して最終的に新ボスの「霊角・夢鹿」という鹿さんタイプの新キャラ討伐を目指します。

ちなみに今回のイベント、とじともゲーム内の通知では其の伍が無く、其の四が2回ある表記になっていますが、一向に直す気配がないという相変わらずのスクエニ適当クオリティです( ´Д`)

とじとものお知らせ文面は日本語がアレな事が多々あり、まともにチェックしてないのはもちろん、これ日本人が書いてないのか?という気もしますが気にしてはいけないのでしょう( -_-)

チェックしてないと言えば、昨日の節分音声でミルヤのセリフと音声が違ってたのもなんだかなぁという感じ( -_-)

…話を天孤戦に戻します。

天孤は2体セットで登場します。属性はです。

特徴としては

  • 向かって右側が自動復活や必中等のステータスUP効果を付与してくる
  • 左側のほうが攻撃がキツい
  • 攻撃でこちら側に出血を付与してくる

などがあります。

ですので対策としては

  • 自動復活解除のためサポートの鴨ちなみ等を用意
  • 攻撃のキツイ左から倒す
  • 出血対策

というのがポイントです。

更に今回の天孤戦では達成目標に

☆3キャラを2体入れる

という制限が設けられています(討伐自体は☆3を入れなくても可能です)。

個人的には制限制度には大反対ですが指定されているのでやるしかありません。

具体的なメンバー構成

てなわけで構成はこのようにしてみました。

メインは☆4チア真希、☆3巫女清香、☆3私服夜見、☆4つぐみです。

…サポートですが、ブライダル加賀美ミミ、私服鴨ちなみという消費SP35のキャラを入れるのに、いろは学長(SP35)を入れるという初歩的なミス( -_-)
ここは、いろは学長じゃなくて私服西梢(SP30)の方が良いと思います。

とじとものサポートは消費SPが最小のキャラは先頭固定(同じ場合はランダム)なので、

SPの軽いサポートを入れる場合は私服西梢

SPの重いサポートで固める場合はいろは学長

とするのが鉄則かと思います。

 

メインキャラの補助はこんな感じです。

御刀は

真希:大倶利伽羅広光

清香:鯰尾藤四郎

夜見:児手柏

つぐみ:羽子板

です。

夜見に日光一文字を持たせるかどうか考えましたが、どうせ連携の起点は真希なので夜見だけ素早くてもあまり効果はありません。
ですので児手柏でクリティカルを出すことを重視しました。

リーダーはつぐみにして陣形・羽翼の特性であるSP回復量UPを最大限引き出せるようにしました。

メンバー構成で一番大事なポイントはガチャで手に入りやすい巫女清香を入れること。

3ターンで回復できるので、最初の奥義カウントが溜まるまで清香が生き残ることができれば、ノーミスで勝てると思います。

 

実際の戦闘については特に書く事もないのでカットします。
なお、左から倒すのが鉄則!と言っておきながら、実際には久しぶりだったので攻略方法を忘れていて右から倒しました( -_-)

しかも鴨ちなみを使うタイミングを間違えて、
右と左各1回ずつ自動復活されましたが、それでも12ターンで倒せました。
時間はかかりましたが特に危なくなるシーンは無かったです。

ちゃんと見直しながらやってれば8ターンか9ターンで終わったと思います…( -_-)

他に戦闘中のポイントとしては連携起点を真希にして壊属性へのダメージをUPさせることぐらいでしょうか。

天孤戦については以上となります。

1月22日のアップデート後とじともがクラッシュする件

次に1月22日のアップデート後、とじとものアプリが頻繁にクラッシュして落ちる件についてです。

管理人はアンドロイドで、フリーテルREIという低スペックスマホを使用しています。
なのでスマホの低スペックさに問題がある可能性はありますが、それでも

1月22日のアップデート以前は全くクラッシュしていなかった

ので、このアップデートに問題があるのだろうと思います。

Google Playストアのとじとものページを見てもクラッシュについて批判がたくさん出ています。
しかし、スクエニ側はこの問題について特にアナウンスしていません。

そもそも問題があることを認識しているのかどうかもわかりません(してないはずが無いとは思いますが)。
というか認識している事にしてしまうと対策をしないといけないのでわざと黙認なのかもしれません。

管理人のフレンドも、クラッシュが頻発するので辞めますというコメントを残してゲームをクリアしてしまった人がいました。
他にもコメントこそ残さないものの1月末頃からフレンドが何人もログインしなくなっています。
結構、課金してたような感じの方々ばかりなんですが…( ´Д`)

 

対策としてネットで、「いったんとじともを全部消去して再インストールするとエラーが起こらなくなる」という情報を見ましたので試しにやってみました。

※データを引き継ぐには事前にスクエニアカウントに登録してとじとものデータ連携を行っておく必要があります。

データ連携している状態でとじともをスマホから削除→Google Playストアから再インストールします。

※なおデータ引き継ぎのID発行などはありません。

アプリ再インストール後、とじともを立ち上げるとタイトル画面の上の方に「データ引き継ぎ」というボタンが表示されますのでここを押します。

スクエニアカウントに登録してある、メールアドレスとパスワードの入力が促されますので、それらを入力します。

するとこのような画面が表示されます。

虹珠鋼のストック確認が表示されまます(無課金なので有償0🐥)。
内容を確認したら「引継ぎをする」をタッチしましょう。

引継ぎ完了と表示されればOKです。

その後は普通にとじともを起動すれば再インストール前の状態で再開できます。

なお、この手順を踏んでもログイン画面でさっそく通信エラーが表示されましたので効果はありませんでした( ´Д`)

根本的に2019年1月22日のアップデート内容がおかしいんだと思います。

とじともの現状について思うところ

ということで久々のとじともプレイ日記でした。

とじともについて今一番思うのは、もっとゲームをまともに作って欲しいなぁということ。

前々から言ってますが、初のリアルイベント開催!とかで浮かれてる暇があったらまずは根本的なゲームをちゃんと作って欲しい。

あと詳細はもう書きませんけど、
今やってるニーアオートマタコラボでのコンプガチャスレスレのような胡散臭いやり方もやめてほしいところ。

スマホ業界も以前よりは健全化が進んでいる折、また昨今欧米でのルートBOX問題が大きな話題になっているこの状況で、スクエニはまだこんな違法スレスレのことをやってるのかよという感じです┐(´д`)┌

 

あ、ニーアオートマタコラボで思い出したんですが、コラボはしておいてシナリオは全く関係なく温泉に行くというもはや何のためにコラボしたのか意味不明なのもなんとかならなかったんでしょうか…(・_・)

仮に、ニーアのファンがこのコラボを機会にとじともを始めたとして、こんなやり方でその後定着するとでも思ってるんでしょうか…。

 

定着と言えば、今アニメ放送中のみにとじを見て新規に始めた人たちにも、ゲームの現状はものすごく厳しいですよね。

ゲームイベントを時間でガチガチに縛り、ガチャの排出率で縛り、イベント配布キャラも達成条件の難易度で縛り…と初心者に対して異様に厳しいのはどうかと思います。

ていうか、とじともっていくら重課金でも、イベントの時間拘束を緩和する手段は無いという鬼畜仕様なんですよねえ。

 

みにとじの放送枠内でCMをやってるぐらいなんだから新規を取り込もうという意図はあるんだろうと思います。

それなのにやってることは新規お断りのゲーム性なので、いったい開発陣は何考えてやってるのかさっぱり分かりません┐(´д`)┌

今はまだ刀使ノ巫女が好きという人達が残っているからこのゲームは成立しているんだと思います。
しかしドンドン酷くなるコンテンツで初期の人たちも少なからず辞めてしまったと思います。
新規を取り込んでいかないと先が続かないと思うんですが…。

 

つーか正直、個人的にはこのゲームって可奈美役の本渡楓さんがあれだけ宣伝にガチャにと頑張ってるから成立している部分がかなり大きいと思うんですよねえ。

(スクエニは本渡さんに利益の3割を渡してもいいと思う(・_・))

本渡さんのあの頑張りが無ければもっと人が少なくてさっさと終わってたんじゃないか?ってぐらい客観的に見てとじとものコンテンツ自体はひどいと思います。

 

管理人も刀使ノ巫女が好きでリリース初日からとじともをやってきましたが、どんどん酷くなる内容に正直最近は呆れ気味。

今は演舞は捨て、ランニングイベントも捨てています。

このゲームに2周年はあるんでしょうか…。

 

と色々書きましたが、とじともがもう少しまともな内容になってくれることを期待しつつ今回はここまで。

それでは( ゚д゚)ノ