Wolfenstein: YoungbloodはSteamでおま国だけどGMGで買えばOK

セール

先日発表されたベセスダの

Wolfenstein: Youngblood

Bethesda.net
Wolfensteinシリーズで本格的なCo-opプレイを実現する『Wolfenstein: Youngblood』。フレンドと力を合わせるか、ソロでプレイするかはあなたの自由。B.J.ブラスコヴィッチの双子の娘として、新しい武器やガジェット、アビリティを駆使し、花の都パリからナチスを駆逐しろ。

Wolfensteinシリーズの最新作で、双子の姉妹を主人公にした物語です。
ゲームを持っていないフレンドでも呼べばCoopで遊べる親切モードが設けられる他、純粋にゲーム内容的にも面白そうなシューターです。

しかしながらこのゲーム、Steamでは日本はおま国扱いになっていて日本から
販売ページすら見られない状況になっています(´・_・`)
(この記事執筆時において。今後変わるかもしれません。)

 

そんなちょっと日本人には残念なWolfenstein: Youngbloodですが、
GMG(Green Man Gaming)ではベセスダ公式サイトでアクティベートするタイプのゲームキーが
日本から購入できるリージョンもOKさらに予約割引はある
と至れり尽くせりの状態になっています。

今回はそんなGMGで取扱されてるWolfenstein: Youngbloodについて紹介してみたいと思います。

今すぐゲームを確保しておきたい!というお急ぎの方はこちらからどうぞ

[Disclosure:記事内にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

キー販売サイトの利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
情報には正確を期するよう努めていますが、
最終的なアクティベートの可否、収録言語等について一切責任は持てません。
セールには時間・本数等限りがある事があります。
アクセス時期によってはセールが終了している可能性があります。

スポンサーリンク

Steamがダメならベセスダのキーを買えばいいじゃない

Wolfenstein: Youngbloodセール内容

セールの比較指標となるWolfenstein: YoungbloodのSteamページはこちら

…と、いつもならSteamバナーリンクを貼るのですが、
日本からはおま国扱いでページすら見られません( -_-)
※一応上のリンクはSteam上のWolfenstein: Youngbloodのゲームキー登録番号でリンクアドレスを作ってますので、今後ベセスダの方針が変わればもしかしたら表示されるようになるかもしれません。

ではベセスダ公式で買うとどうなるのか調べてみました。画像で紹介します。

スタンダード版 3,800円

デラックス版 4,800円

おま値とまでは言えませんが、海外価格をレート換算したものよりは微妙に高いです(価格比較は後ほど)。

では次にGMGのセール内容から色々探っていきたいと思います。

Wolfenstein: Youngblood Standard Edition

※割引率はVIP会員向けを表示

こちらはベースとなるスタンダード版です。

定価$29.99が14%OFFの$25.79。
日本円だと2,900円ほどでしょうか(為替レート等で変動します)。

こちら、予約購入をすれば次の特典もついてくるとのこと。

  • New Colossus Jacket power suit skin
  • BJ’s U.S. Army power suit skin
  • Old Blood Pipe
  • Old Blood Knife
  • WW2 Weapon Skin Set, for all ranged weapons

どうやら武器や衣装がもらえるようです。

そもそも私達日本人は現状Steamからは買えないので、
ベセスダのキーを買うしかないわけですが
更に割引までしてくれるGMGはありがたいですね(・∀・)


Wolfenstein: Youngblood Deluxe Edition

※割引率はVIP会員向けを表示

こちらはスタンダード版の内容に更に特典を追加したスデラックス版です。

定価$39.99が14%OFFの$34.39。
日本円だと3,800円ほどとなっています(為替レート等で変動します)。

こちらのデラックス版はスタンダード版(およびその特典)に加えて、次の様な要素が追加されます。

  • Buddy Pass ※重要なので別途説明します。
  • Cyborg Skin Pack

Buddy Passについて

GMGのBuddy Passの説明は次のようになっています。

The Buddy Pass, allowing you and a friend to play the entire game together, even if they don’t own the game themselves

「ゲームを所有していない友人と一緒にゲーム全体をプレイすることを可能にするパス。」

という様な意味合いです。
Wolfenstein: Youngbloodはこのバディ・パスがあれば
ゲームを持ってないお友達をゲームに呼んで一緒にプレイを楽しむことができる
という、画期的な要素が導入されています。
逆に友達にゲームを買わせて自分は専ら呼んでもらうというのもありかもしれませんが( -_-)

Standard版とDeluxe版の差額は10ドル。
この差額分の価値は十分にあるかと思います。
あと、何気にサイボーグ・スキンもかっこいいですしね。

Wolfenstein: Youngbloodのリージョン・言語等

GMGのWolfenstein: Youngbloodのページを詳しく見ていきましょう。

GMGのリージョン欄を見ると、

日本からOKとなっています。念の為詳細を見てみると、

ちゃんとJapanの表記があります。
以上から安心して買えそうですね。

更にゲームインフォメーションの項を見ていきます。

ゲームキーはベセスダから直仕入れの間違いなく純正とのこと。

そしてサポート言語欄にJapanese表記があります。
安心して日本語で遊べそうですね。

このように

日本からアクティベート可能、日本語あり、割引あり

と、なんだGMG、完璧じゃないかという感じで揃ってます。

現状GMGでの購入が有力な選択肢

以上Wolfenstein: Youngbloodの予約セール情報でした。

ここまで紹介してきたようにWolfenstein: YoungbloodはSteamから日本人は買えません( -_-)
おなじベセスダのFallout76みたいに後日Steamからも買えるようになるのかもしれませんが、先の事はまだ何もわからない状況です。

しかしそんな中、GMGでは現時点でアクティベート可、日本語、そして割引と全て揃った状態なので欲しい方はGMGが有力な購入先候補といえるのではないでしょうか。

ロシア等の怪しげなショップを探せばもっと安く買えるのかもしれませんが、安全面やサポートの手厚さを考えるとWolfenstein: YoungbloodはGMGで購入するのがベストかなぁと思います。

それでは( ゚д゚)ノ