交渉してTroubleshooter(トラブルシューター)の主人公名表記をアルバスに変えてもらった件

レビュー

SRPG、Troubleshooter(トラブルシューター)に関する短い記事です(・_・)

Troubleshooter(トラブルシューター)

Troubleshooterは現在Steamで絶賛アーリーアクセス中です。

スポンサーリンク

主人公名の表記をアルボス→アルバスに変更してもらうことに

先日Troubleshooter(トラブルシューター)に日本語が実装されたよ~という記事を書きました。

[祝 ] Troubleshooter(トラブルシューター)Steam版についに日本語が実装!
日本人好みの内容がギュッと詰め込まれたSRPG(シミュレーションRPG)、Troubleshooter(トラブルシューター)。ついに待望の日本語が導入されましたので紹介してみます。

日本語が導入された事はとてもありがたいことです。まずそこに大きく感謝ですよね。

そして訳者様の翻訳をまず第一に尊重し敬意を払う。これまた大事なこと。

…ですが、やっぱり主人公のAlbus君のカタカナ表記がアルボスになっている点はどうしても気になってしまいます。だって主人公なんだもん(´・_・`)

ていうかSteamのバナーやストアページTOPだと今度は「アルボ バーンスタイン」になってたりもしていて、どうも名前の表記が安定してないモヨウ。

ガンダムWの様に「ゼクス・マーキスとミリアルド・ピースクラフト、今後は2つの名前を使い分け…」というような見ていて突然何言ってるんだこの人?的な設定はTroubleshooterには無かったはずです(今の所おそらくは)。

 

これが最初の仲間のSionが「シオン」じゃなくて「サイオン」とか「ジオン」だったらまだ
ああそういう読み方もOKかも~と思えなくもないですが、
やっぱりAlbusはアルボスじゃなくてアルバスが日本語的にしっくり来るんじゃないかなぁと思う次第です。

てなわけで、Troubleshooter(トラブルシューター)開発元のDandylionの方に連絡をとってみました。

提案した文章。

This sentence is made with machine translation.
Because a meaning does not come partly when not Japanese, I include Japanese.

Dear Dandylion,

Thank you for Japanese implementation.
I thank you.

But there is greatly a point with the sense of incongruity by all means.
It is a vocabulary signature of “Albus” of the chief character in Japanese(katakana).

It is transcribed into “アルボス” in translation, but “アルバス” is more common when it is Japanese pronunciation.
I mean it is thought that there are few Japanese who pronounce it “アルボス” to see a letter called Albus…

In addition, it is done suggest if I input with “アルバス” in Japanese in Google search and convert it if Albus is natural.
On the other hand, it is Arbos that suggest is considered to be even if I input with “アルボス”.

In this way, notation matching with Albus is Japanese that “アルバス” is natural.

Of course I respect the reason of the translator, but want “アルバス” to do Japanese notation if possible because it is the name of a very important chief character.

Thank you.

  • Albusはアルバスと表記するほうが日本語的に馴染む
  • グーグル検索を行うと日本語のアルバスはAlbusとサジェストされる
  • 一方、アルボスの場合はArbosとサジェストされる
  • 訳者様の翻訳は尊重したい
  • しかし以上からAlbusの表記はアルバスであることが好ましい

的な内容で提案してみました。

んで開発元であるDandylionからの返事(すぐに返事をいただきました)。

Greeting! 🙂

We’ll change a Albus’s name to アルバス 🙂

We know that our translation is not perfect yet. If you suggest any of these things at any time, we will reflect them. 🙂

  • Albusをアルバスに変えるよ
  • 自分たちの翻訳が完璧じゃないことは承知しているので、また提案があったら反映するのでよろしく

という感じでした。

これで今後いずれかのタイミングで片仮名表記が
アルボス→アルバスに変更されるものと思われます(・∀・)

こういうケースの場合大事なのは、
なんとなくこっちが好きだから…や自分が気に入らないから変えて!
ではなく、
グーグル検索結果のサジェストという客観的な根拠を元に虎の威を借って論理的に説明することだと思います。

おわりに:求めよ、さらば与えられん

ということで、おもいきって連絡をとったら、
あっさりAlbusの名前を無事アルバスにしてもらう事になった件でした。

Troubleshooter(トラブルシューター)はまだまだ日本語化が始まったばかりなので、なんやかんや提案がある方はDandylionの方に連絡してみてはどうでしょうか。

また、Troubleshooterに限らず他のゲームでも改善案があれば連絡してみると良いかもですね。

特に日本語化なんて海外の人からみたらサッパリ意味ワカンネのちんぷんかんぷん状態だと思います。
ぜひ開発の方々をお手伝いしてあげましょう。

実際に意見が反映されるかはわからないけど、言うだけタダですし、
ダメで元々、行動してみるのが大事かと思います。

それでは( ゚д゚)ノ