Kingdom Come: DeliveranceでTobii Eye Tracker 4Cを使う

Tobii

中世のチェコを舞台にした硬派なRPG、Kingdom Come: Deliveranceに
Tobii Eye Tracker 4Cを使ってみたのでその感想です。


アイトラッキング&ヘッドトラッキングシステム
Tobii Eye Tracker 4Cの関連記事はこちらから読めます。

Tobii
「Tobii」の記事一覧です。

今回使うTobii Eye Tracker 4Cはこちらの商品となります。

スウェーデンのTobii本社に確認した公式販売製品です

日本ではこちら↑のリンク先から進めるAmazonの販売商品が公式の販売品とのこと。
その他並行輸入品だとサポートが受けられるか不明ですのでお気をつけください(・_・)

Kingdom Come: Deliveranceの名称が長いので、以下本文中ではKCDと記載します。

スポンサーリンク

アイトラッキング自体は便利に思えるけど、UIとのバランスが良くない

KCD+Tobii Eye Tracker 4Cで出来ること

KCDはゲーム自体が公式にTobii Eye Tracker 4Cに対応しています。

TobiiのKCDに関するページはこちら

Bring history to life with Tobii Eye Tracking
Experience Kingdom Come: Deliverance with the immersive eye tracking features available exclusively with Tobii Eye Tracking. Available 13th of February.

KCDとTobii Eye Tracker 4Cを組み合わせて出来ることは次のようになっています。

  • 拡張ビュー:目線(+頭の位置)を動かすことゲーム内カメラを動かす
  • 視線対話:「見る」事で簡単にオブジェクトを選択できる
  • クリーンUI:不要なときはUIを非表示にする
  • 視線でターゲット:視線を使ってターゲットを選択

視線対話やターゲット設定が便利そうですね。

では実際にKCDでTobii Eye Tracker 4Cを使ってみましょう。

Tobii GameHubをまずチェック

ゲームを始める前に、まず初回はTobii GameHubを起動して
自分のPC内のKCDがちゃんと認識されているかをチェックしておきましょう。

※もしTobii GameHubがうまく起動できない場合(Win10ではよくあります💦)は、管理人がまとめたトラブルシューティングガイドのページの
Tobii Game Hubが表示されない」を参考にしてください。

こちらがTobii GameHubの画面です。

画像内赤枠で囲った箇所が自分のPC内にあるゲームの中で
Tobii GameHub(Tobii Eye Tracker 4C)が公式に対応しているゲームの一覧です。

画像のような感じでKingdom Come: Deliveranceが表示されていればOKです。
もしも無い場合は、赤枠内右上隅にある円矢印を押して更新をかけてください。

それでも出ない場合は…困りましたね…( -_-)
はっきりこうだ!と解決法は言えないのですが、
KCDかTobii GameHubのどちらか・あるいは両方で何かがおかしいのだろうと思います。

Tobii GameHubを最新にしてみる、またはGameHubかKCDの再インストールを試すなどが有効かもしれません。

 

Tobii GameHubにてKCDが認識されていることをチェックしたら
Tobii Eye Tracker 4CをPCに繋ぎ、KCDを起動しましょう。

KCD内でのTobii Eye Tracker 4C設定

わんこ
わんこ

以下の画像はTobii Ghost(視線をバブルで描画)をONにした状態ですが、OFFでもトラッキング機能は使えます。

Tobii Eye Tracker 4Cを繋いだ状態でKCDを起動し、タイトル画面で「設定」の項目に進むとアイトラッカーの箇所が選択できるようになります。

設定項目はこんな感じです。

設定項目では次の内容のON/OFF等が切り替えられます。

  • アイトラッカー有効(これをOFFにすると以下全部の機能が使えなくなります)
  • 拡張ビュー
  • 拡張ビューの感度(視線で周囲を見る際の感度設定)
  • 見つめてターゲットロック
  • 目線でのインタラクト
  • UIの自動消去

以下全部ONにして進めます。

街のシーンです。
目線+頭の移動で周りを見ることが出来るようになりました。
この移動シーンにおけるアイ・ヘッドトラッキング機能はとても便利だと感じました。

ただですね…( -_-)

これはヘンリーくんの実家のお鍋です。

鍋に近づき、鍋を見ることで画像右下隅にあるように
次にどういった行動をするか?という選択肢が表示されます。

で、画像のように目線を画面の隅っこにずらしてそのメニュー項目を見るわけですが、
ここの選択肢を見ると視線が鍋から外れた事によって、行動選択肢が消えてしまいます( -_-)

選択肢の霊圧が消えた…?と焦って視線が泳いでいるの図( -_-)

これが非常に使いづらい( ´Д`)

文字では説明しづらいのですが、
見る→消える→ぐぬぬと再度見る→やっぱり消える
という感じでぐあああああああ( ´Д`)となります。
結構イラッとする(´・ω・`)

厳しい言い方かもしれませんが、

正直アイトラッカー&ゲームの組み合わせとしてまともに機能しているとは微塵も思えません

でした。これにOKを出した人は猛省して欲しいです。
つーかこれろくにテストもしとらんような気も(´・_・`)

選択肢の項目がもっと画面の中央寄りに出れば
脳内で文章を読み、認識し、取りたい行動に対応したボタンを押せると思うのですが、思いっきり画面スミに表示されるので
どうしても目線をそちらにやらないと選択肢の内容が読めません。
でも読んでる途中で消えると言う( -_-)

Modで選択肢の表示位置を変えるようなものがあれば良いのかもしれないですね。
(そういうのが実際にあるのかは分かりませんが…)

PC版KCDがリリースされてもう長い時間が経っています。
なのにこのように練度の低い状態のトラッキング機能しか提供されていない事を考えると、
今後の改修はあんまり望めないのかなぁという印象です(´・_・`)

おわりに

以上、Tobii Eye Tracker 4CをKingdom Come: Deliveranceで使ったレポートでした。

残念ながらKCD+Tobii Eye Tracker 4Cのアイトラッキング機能は
現時点ではあまり実用的ではないというのが
今回の検証を通じた個人的な感想です。

設定項目をもう少し詰めればなんとかなるのかもしれませんが、
ざっと触った感じではどうにもならないような感じでした( -_-)

後はやはりModに頼るとか…。
行動時の選択肢をもっと画面の中央に表示させるか、
あるいは選択肢が消えるまでの時間をを延長させる、
あるいは視線をずらした際の許容度を上げるような事ができれば使い勝手が良くなると思います。

ただNexus Modをざっと探してみたのですが、そういったものは見つけられませんでした。

今後より使いやすくなるように対応されることに期待して
この記事を締めたいと思います。

それでは( ゚д゚)ノ

 

Tobii Eye Tracker 4Cは↓こちらのAmazon商品が日本でのtobii公式の販売先となっています(スウェーデンの本国サポートに確認済み)。
他で購入した場合サポートが受けられるかは不明です。