UMIDIGI S5 Proレビュー | 高性能スマホでモバイルゲーミング環境が一気に良くなった

スポンサーリンク
レビュー

2020/8/3
一番下に補足を追記


AndroidスマートフォンUMIDIGI S5 Proを購入したのでレビューしてみます。

Amazonで買いました。

※⬆の販売元のUMIDIGIフラッグショップ-JPというのはUMIDIGI公式店の名称らしいので安心して購入できるかと思います。
フラグシップショップって本当は書きたかったのかもしれません。日本語ムツカシイネー(´・_・`)

※私はカラー:コスミックブラックを買いましたが、ブラックは人気なのかすぐに売り切れ→在庫復活を繰り返すようです。
ただ、最近はなかなか在庫が復活しなくなってる印象です。

製品自体は日本国内のAmazon倉庫に在庫があり
国内発送なので注文から3日で届きました。

なおいつものように自腹で買ってますので本音レビューです。
各方面に配慮等は一切ありません。
このサイトは正直がモットーなので、本音で書きます(・_・)

それと今、中華スマホ・ガジェットを取り巻く状況が不透明なので
今後いろんなリスクが出てくるかもしれません。
そのリスクを自分で負えなければ手を出さないほうが良いかと思います。

[Disclosure:記事内にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

スポンサーリンク

UMIDIGI S5 Pro最高!

ということで⬆の見出しのとおりの感想を持ちました。

はっきり言って素晴らしい性能ですこれは。

UMIDIGI S5 Proの詳細についてはここであれこれ書くよりもAmazonのページの方が詳しいのでそちらを御覧ください。

UMIDIGI S5 Proで荒野のコトブキ飛行隊大空のテイクオフガールズ

荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!(コトブキ) | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
空の数だけ、私たちの物語がある。スマホゲーム「荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!(コトブキ)」の公式サイトです。

の富嶽戦(かなり動作が重い戦闘イベントです)をやってみました。

UMIDIGI S5 Pro 荒野のコトブキ飛行隊大空のテイクオフガールズ富嶽戦

アプリ側自体の環境は高画質設定にしてあります。
その上、UMIDIGI S5 Proのバックグラウンドで
720pで録画しながらでも余裕で動き、ゲーム自体に引っかかり等は一切感じません。

今まで使ってたAndroid6.0端末とは全然違ってビックリしました(゚д゚)

旧端末では富嶽戦になると動きがガタガタに落ちて、倍速・通常速度の切り替えボタンを押しても反応しない、スキルは手動で撃とうにも反応しないので自動任せ、かろうじて照準変更はできるけどそれもうまく行かない時もある
というかなり辛い環境で遊んでました。

UMIDIGI S5 Proに変えただけで全く違う状況になったので
端末って大事だなと思った次第です。

PUBGモバイルも初めてやってみました。

全くの無知から初めて遊んで、動かし方も何も知らんなりにそこそこの順位に💦

インストールしてデフォルト設定の素の状態ですぐに始めたので
ゲーム内の環境設定等は不明ですが
遊んでいて引っかかりは全く感じず、4キルする際も至近距離の撃ち合いで全部倒してるので、端末が足を引っ張るような事は一切感じませんでした。
終始とても動きがスムーズでした。

またプリンセスコネクト!Re:Diveも余裕で動きます。
動作はサクサクで普段遊んでるPC版に近い印象ですが
一度だけ、ペコリーヌの超全力全開☆プリンセスストライクを撃つ時にPCに比べて極々(ほんとに極々です)わずかな引っ掛かりがありました。
プリコネのプリンセスフォームキャラのユニオンバースト描画はかなり重たいので仕方ないのかもしれません。
ただ毎回引っかかるわけではなく、たいていはスムーズな挙動なので、何が原因かは不明…。

とはいえユニオンバースト中はこちらがやることは何もないですし、
ゲームの進行に特に問題はないかと…。
また他のより重たいと思われるゲームでは特に動作が引っかからないので
プリコネのアプリ側の問題なのかもしれません(´・_・`)
UB周りはよく修正がはいってますしね。


UMIDIGI S5 Proはゲーミング用途としてはこれら動作性能の高さに加えて
有機ELなので発色も鮮やか、そしてパンチホールも何もない完全フルスクリーン描画なのでゲーム時の没入感が非常に高いです。

ゲームを楽しみたい人にとってUMIDIGI S5 Proはとても良い機種だと感じました。

UMIDIGI S5 Pro内容物の簡単な紹介

UMIDIGI S5 Proの内容物を紹介します。

箱はスリーブケース仕様になってました。
なお私のは、Amazonの箱を開けて取り出したら
スリーブ箱の底面側に謎のベタベタが数カ所ありました。
気持ち悪いので勘弁してほしい…(´・ω・`)

箱を開けるとこんな感じ。

お礼のカードがあってすぐ下にスマホ本体。
クッション性の高い素材で包まれています。

中身は全部でこんな感じ。

上にある赤字でUMIDIGIって書いてある黒い紙包みは

SIMトレイ用のピンと説明書です。

内容物は

  • UMIDIGI S5 Pro本体
  • 液晶保護フィルム(最初からキレイに貼ってあります)
  • 黒い本体カバーケース
  • お礼のカード
  • 説明書(日本語あり)
  • SIMトレイを出すためのピン
  • USBタイプCのケーブル
  • USB⇄コンセント変換プラグ
  • USBタイプCに差し込んでつかうイヤホンコネクタ

イヤホンコネクタですが、UMIDIGI S5 Proにはイヤホンジャックはありません。
基本的にBluetoothで飛ばしたワイヤレスイヤホンを使うということなのでしょうが、USBタイプCの口にこの変換器を差し込めば手持ちのイヤホンが使えます。
またこのコネクタがFMラジオを聞く時のアンテナにもなっているとのこと。

なおイヤホン自体は付属していません。

ですのでUSBで充電しつつ有線のイヤホンを使うということはできませんので注意ですね。
USBタイプCから電力とイヤホンに分岐してるコネクタでもあれば別なんでしょうけどそういうのがあるかは不明です。

私は音楽を全く聞かない人間なのでイヤホンはほぼ使わず
この仕様でも特に不都合は無いと判断しました。

表側

裏側。シボ加工のスマホカバーが最初から付いています(取り外し可能)。

UMIDIGI S5 Proは最初から液晶保護フィルムが貼ってある
スマホカバーも付いてるのでとりあえず当面は付属品を買う必要も無いかと思います。

一点、私はコスミックブラック(黒色)を買って本体カバーは黒がついて来ました。
UMIDIGI S5 Proのブルーの方は、ネット上では黒のカバーが付いてくると言ってる人と、いや透明のカバーが付いてくると言ってる人がいて、実際どうなのか不明です(´・_・`)

ブルーを買う方はその点、ちょっと気にかけておいたほうがいいかもしれません。
ただ強いて言えば、黒でも青でも黒カバーしたら本体色はほぼ見えなくなるので、
これなら別にそこまで黒にこだわらずに青買っても良かったかも~と思いました。

UMIDIGI S5 Proは有機EL液晶です。
発色がとてもキレイで見やすくていいと感じました。
有機ELは屋外の直射日光の下でも余裕で画面が見えるので、写真撮影がしやすくて良いです(・∀・)

また本体には液冷の冷却システムが内蔵されているとのこと。
どこまで効果があるかは不明ですがゲーム用途で使う時に期待できそうですね。

ストレージは256Gもあります。早々容量不足で困ることはないのかなと。

メモリは6G、CPUもHelio G90Tですのでよっぽどの超重量級ゲームでもなければ大丈夫ではないでしょうか。

なお

  • おサイフケータイ機能はありません
  • SIMサイズがナノなので、古めのスマホから乗り換える際SIMサイズ変更が必要になるかもしれません

私はおサイフケータイは使わないので、この機能は無くても構わないですが
ここを重視する方もいるかもしれません(・_・)

UMIDIGI S5 ProはAndroid10で、フルの日本語表示です。

私はSIMサイズ変更手続き中なのでSIM無し状態になってます(ゲーム等は問題なく可能)

日本のGoogle Playも問題なく使えますし、
私はAndroid6.0の旧端末からGoogle経由で設定をそのまま移して何のトラブルもなく使えています。

Amazonで買ったものはちゃんと日本の技適も通ってるので堂々と安心して使えます( •ܫ•)
設定→デバイス情報→規制ラベルで技適情報を表示

UMIDIGI S5 Proにまつわる色々おかしいと思う点

良いことばかりでも無く悪いこともあります。

この項ですが、大きく2つあります。
UMIDIGI S5 Pro自体について??と思う所と、
UMIDIGI S5 Proの外野について???と思う所です。

UMIDIGI S5 Pro自体について

UMIDIGI S5 ProはAmazonで売られていますが、Amazonのレビューがどうもインチキ臭い点があります。

まずおかしいのが、レビューの総数が日々増えているのに新しい順でソートしても、最新のレビューが出てこない点。
これがいったい何なのかはわかりませんが、妙な状況になってます。

そのUMIDIGI S5 Pro自体のレビュー内容も相変わらず日本語の怪しい工作員みたいな投稿が多数あります。
そして不思議なことにAmazonでこの製品だけをレビューしている人がとても多い。
あまりのUMIDIGI S5 Proの素晴らしさに感動してAmazonで初レビューした人が、たまたま異様に多いという可能性が0ではないですが( -_-)ホントかいな

あと、レビューをくまなく探したら出てくるんですが、
UMIDIGI S5 Proと蛍光灯の全く同じ2個だけをAmazonでレビューしてる人が2人いるんですよえ( ´Д`)
たまたま、AmazonでUMIDIGI S5 Proと蛍光灯の2つだけのレビューを
たまたま同じ順番で書きたくなった別人が2人いたのかもしれません(棒)

加えて、今は印が見られなくなってますが、
UMIDIGI S5 ProのレビューにはAmazon公式を通した
レビューを書くので報酬をあげる仕組みを利用して集めたレビュー、
「早期レビュー取得プログラム」によるものが大量にありました。
これは7月上旬からずっとAmazonのUMIDIGI S5 Proのページを見続けていたところある日大量に載っていたのですが、数日後に「早期レビュー取得プログラム」によるレビューという表記は消えていました。

もちろんこれはAmazonから公式にやっていいとお墨付きを受けた手順ですので悪いことではありません。
とは言え報酬で釣って集めたため純粋なレビューとは異なる可能性もあるということは踏まえておきたいです。

またUMIDIGI自体にも問題があって、このメーカーはAmazonで売っていたスマホ機で同じコンセプトの次世代版が出る→旧製品のページを使って新型の商品名と画像を変えて掲載→旧製品でかき集めたレビューをそのまま引き継いで、さも新製品の高評価がたくさんあるように見せかけるという事をやってます。

ですのでUMIDIGI自体がまっさらな聖人君子とは私は思いません。
中華メーカーにありがちな合法/モラル・スレスレのところを突いて来る気質はあると思います。

ただそれでも、UMIDIGIは中華の中では比較的まともなメーカーという印象です…。
他の中華メーカーは更に酷いという一端が次⬇のトピックです。

UMIDIGI S5 Proの外野について

UMIDIGIについてはYouTuber()で執拗に叩いている人が数名います。
※具体的な名前を上げると個人攻撃になりますので掲載は控えます。

その人達の論調としてはとにかくUMIDIGIはダメなメーカーでXiaomiが上だというものが多い。
UMIDIGIの良くない点を単独で論理/客観的に挙げるだけならまだ良いのですが、引き合いにわざわざライバル他社をねじ込んで持ち上げるのはバイアスが掛かってるような気がします。

またそれらの動画のコメント欄を読むと「小米最高!UMIDIはろくでもない」という意味合いの書き込みが非常に多い( -_-)

ここで私は思うんです。

Xiaomiの事をXiaomi、もしくはシャオミと書く人はいても
わざわざ中国大陸内の呼称「小米」で書く日本人が果たして何人いるのかなと。
そして、かろうじて日本語らしきものを使える日本人もどきが最近ネット上で多いよねと。

これに関しては何も断言はできません。私の被害妄想だと思います。
…でもまあお察しくださいという感じですね( ´Д`)

YoutubeやAmazonのレビューでもとにかくUMIDIGIは叩かれまくってます。
実際良くない点もあるのかもしれませんし、過去に本当にダメな製品を掴まされた方もいらっしゃるのかもしれません。

ですがそういう意見をなんでもすぐ鵜呑みにせずに
まっとうなレビューや意見も丹念に探して参考にする心がけが私達消費者にも求められてると思います。

もちろん私が書いたこの投稿も100%そのまま信用せず、
ホントやろか?と疑って読むぐらいのスタンスでちょうど良いと思います。
私も自分の事が100%正しいとは全く思っていませんし…(・_・)

まとめ:UMIDIGI S5 Proは高性能でコストパフォーマンスに優れる

以上、UMIDIGI S5 Pro自腹購入レビューでした。

この機種はゲーミングスマホとは謳ってませんが、
ゲーム用途目的で使っても十分価値のある機種だと思いました。

値段は3万円を切るくらいなので絶対的には安くはありません。
中華スマホなら1万円台半ばのものもたくさんありますしね。
とは言え、備え持つ性能を考えると十分に3万円弱の価値はあると思います。

私はすでにスマホを4年使ってて限界近かったので必要に迫られて買ったんですが
UMIDIGI S5 Proを買ってよかったと思いました。本音でそう思います。
想像以上の高性能に満足してます。
ただ、前のスマホよりかなり大きくなり重くなったのは難点だけど
これは個人の問題なので仕方ないこと。今はどのスマホもデカイですしね(´・ω・`)

もっと高額高性能なゲーミングスマホもありますし、iPhoneが良いという方も多いと思います。
ただUMIDIGI S5 Proはそれらに比べてずっと安価な上に性能も価格に比べてかなり良いのでコストパフォーマンスに優れたスマートフォンだと感じました。

 

なお、今はUMIDIGI S5 Proを買ったばかりで特に問題が見つかってませんし、
買ってすぐの興奮状態、および前のスマホが古すぎたことの反動で私の心理にバイアスが掛かっている可能性があります。
その分、この記事は割り引いてお読みくださいm(_ _)m

またいくら素晴らしいと言ってもいわゆる中華スマホです。
UMIDIGIでバックドアというのは私は聞いたことがありませんが
それについてはなんともわかりません。中華ですし。

また今後使っていくうちになにか不具合が出てくるかもしれませんし、
保証期間の1年持たずに壊れた…となる可能性もあります(´・ω・`)
その場合はまたレビューを書きたいと思います。

UMIDIGI S5 Proは高性能でとても良いスマホだと思いますが
購入の際はご自身でも色々と調べて決断されることを勧めます。

あと文中でXiaomiについて触れましたがシャオミの企業姿勢(徹底した日本人中傷)はともかく、スマートフォン機種の性能自体はいいと思います。
色々検討してXiaomiを選ばれるのも良いと思います。

と心にもないフォローをいれてこの投稿を締めます。

UMIDIGI S5 Proってどうなの?と思ってる方のなにかの参考になれば幸いですm(_ _)m

黒がほしい方は在庫が復活した時に急いで決断したほうがいいかもしれません。
20個に満たない数が再入荷→すぐに売り切れ→なかなか再入荷しないということを最近繰り返してます。
私も最初にいざ買おうと思ったら売り切れで困りました…( -_-)

Aliexpressの方が少し安いですが、

  • 到着までにかなりの時間がかかる
  • 万が一保証を受ける時に手続きが大変かも
  • 住所抜かれて種とか送られても困るし

なので多少割高でも日本のAmazonで買ったほうが良いのではないかと思います。

補足:

The Clean Network - United States Department of State
Clean Networks is a comprehensive effort by a coalition of like-minded countries and companies to secure their critical telecommunications, Internet, cloud comp...

一応アメリカ政府の通信事業系文書にはHUAWEIとZTEは名指しで批判されてますが、UMIDIGIは対象外になってます。

またサイト全体の過去記事を検索してもUMIDIGIは検索結果に出てこないので特に指摘はされてないようです。

あくまで「今のところは」なので今後何がどうなるのかはわかりませんが。

ていうかこれ読んでて思ったんですが、アメリカ政府の認める世界の5Gクリーンネットワーク事業者にNTTとKDDIは入ってるのにソフトバンクが入ってないのが何気にヤバい気がする😥

タイトルとURLをコピーしました