とじとも 刀使のエピソード 試シ:加州清光 其の壱 は★3美炎でも大丈夫

とじとも

とじともで★4御刀 加州清光を作るためのコンテンツ

刀使のエピソード 試シ:加州清光 其の壱

をやってみたのでそのレポートです。

 

とじともとはスマホゲーの「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」の愛称となります。

スポンサーリンク

★3のスクール水着美炎でも大丈夫

こちらが★4御刀 加州清光を作るためにクリアが必要な刀使のエピソードです。

試シ:加州清光 其の壱

となっています。
この任務にはクリア条件があり、3つとも満たすことで御刀強化のアイテムが貰えます。

画像は既にミッション達成済みです

内容は

  • 一人も行動不能にならない
  • 最終WAVE13ターンいない
  • 美炎をメンバーに入れかつ美炎が生存したままクリア

です。

敵の属性は突。なので★4の斬属性美炎が求められます。

実は共闘戦でもらったチケットで巫女美炎をつい昨日引けたばかり(一年以上やってようやく出た…)なんですが、
今更、巫女美炎を4凸するのもなあ…(´・_・`)
ということで★3美炎でチャレンジしてみることにしました。

過去に配布された★3の斬美炎はS装備とスク水がいますが、
スク水の方が強い(たぶん)のでこちらを選択。

その他のメンバーはこんな感じです。

御刀は

  • ミルヤ:鯰尾藤四郎
  • エレン:燭台切光忠
  • 美炎:日光一文字
  • 可奈美:竹俣兼光

です。

美炎にミンミン刀(蝉時雨)をもたせて集中を高めようかとも思いましたが、
まあとりあえずミルヤが鯰尾藤四郎持ってるのでいいか~と思い
日光一文字にしてあります。

サポートは相手がよくわからないので適当に詰め込みました。
せっかくメインメンバーにミルヤを使うので、何らかのサポートミルヤは連れて行くとより良いでしょう(・∀・)

 

では戦闘開始です。

1ターン目

相手はどうやら凶禍降臨の土狛っぽい感じですね。

とりあえず敵の素早さを探るために美炎起点で4連携。
日光一文字の美炎で先手が取れなければ2ターン目以降ちょっと対応が必要です。

サポートはいろは学長を使用。

4連携で前列の敵のHPをだいたい15%ぐらい削れました。

敵の攻撃は後列の方が先に動いて、こちらの前列に250ほどのダメージ、更に敵2体に守勢UPと必中を付けてきます。

敵の前列はこちらの一体に250ほどの単体攻撃でした。

この時点であまり強くないような感じだったので
あとは4連携しつつ奥義を撃つというごく普通の対応で進めます。

とりあえず美炎やエレンで問題なく先手をとれそうだったので、
この後はミルヤを起点にした4連携に切り替えました(斬属性ダメージUP)。

5ターン目

敵の前列を撃破。

8ターン目

あっさり終了(・_・)

敵の後列は1体になっても特に変わったことはやって来ませんでした。

とはいえ、サポートで奥義遅延をかけまくってたので
もしそのまま奥義を撃たれるとなにかやってくるのかもしれません。

おわりに:結局、加州清光はレベル1に戻る

ということであっさり終了した、

刀使のエピソード 試シ:加州清光 其の壱

でした。
★4の斬美炎がいない、型落ちの★4メインメンバーでもクリア出来る、というくらいの難易度だと思います。

次のエピソードは9月に解放らしいのでまたレポートしてみたいと思います。

なお、加州清光を回生すると御刀レベルは1に戻ります。
せっかくレベル10にしていたのにまた強化し直しです( -_-)

とりあえず回生後レベル15まで上げましたが、また★4にするとレベル1に戻ると思うとホントげんなりします。

簡単に★4御刀が入手できたら悔しいじゃないですかwww

という相変わらずの簡悔っぷりです。

また御刀強化で毎回毎回186本分クリックして合成させるのをおかしいと思わないんですかね。
あんなのMAXボタン1個つけるだけで全部解決するのに1年以上経ってもそれすらやらない。
実際にプレイしていればものすごく不便(かつ簡単に改修できる)と誰でも分かるはずです。
本当に実際にプレイしてればですが( ´Д`)

こういうのが積み重なって「とじともの運営は実際にはプレイしてない」、
「必要ない部分まで面倒くさく作ってる」と余計なヘイトがどんどん貯まるんだと思います。

なんでもかんでも不当にユーザーに不便を強いるような
今の仕組みが少しでも変わることを望みます(´・_・`)

とじともに今一番必要なのはとにかくUIの改善だと思います。
UIが良くて人は増えないけど、UIがダメなら確実に人は減ります。
せっかくコラボ等で人を呼んでもUIがこの酷さでは嫌気がさす人も多いんじゃないでしょうか。

長くサービスを続けてほしいのでなんとか対策してほしいですね。