[使用レポート] ゲーミングキーキャップ BFRKC を約10ヶ月使ってみて

レビュー

昨年(2017)末にゲーミングキーキャップ

BFRKC

を購入して、リアルフォースRGBに取り付けてみた~という記事を書きました。

 

その後、10ヶ月ほど経過した現在の状況をレポートしてみます。

記事内に出てくるゲーミングキーキャップ、BFRKCはこちらです。

BFRKC自体についての詳細は過去記事をお読みくださいm(_ _)m
スポンサーリンク

ゲーミングキーキャップ BFRKC 10ヶ月経過使用レポート

9月の時点で摩耗が加速しはじめる

BFRKCをリアルフォースRGB(日本語版)

WASDと数字の23そして矢印キーにセットして使っている管理人。

表面の滑り止め加工がとても心地良く、非常に快適に使用しておりました。
ギザギザとラバーが組み合わさって手触りがとても心地よいです( ̄ー ̄)

 

が、9月の半ば頃から、あれ?なんか違和感が少し出てきたかなぁ・・・?という印象が強くなり、よく見るとSキーの表面がかなり摩耗してツルツルになっていました。

そして今は11月上旬ですが、
更に摩耗が進んでAキーとDキーも結構なツルツルになってきています。

その他のキーはまだ特に摩耗は見られません。

 

という事で使用頻度の高いキーに関しては

管理人の使用形態では(←ここ重要)耐久力としてはおよそ9~10ヶ月ほど

という結果になりました。

耐久性は個人により異なるはず

BFRKCは表面がラバーであり摩耗するタイプの商品ですから経年劣化は仕方ありません。
しかし摩耗による劣化がメインなので、個人個人の使い方によって耐久性は大きく変わると思います。

管理人は仕事用のキーボードに使っていて、ゲームだけの使用ではありません。
また管理人のキータイプ量は毎日3万文字以上(土日祝除く)です。

更に言いますと、この10ヶ月ほどゲーム時にWASD移動をするような使い方はほとんどやりませんでした。
結局FPSが苦手であまりやってない管理人・・・( -_-)

ですので、ほとんどが日々のタイピング作業のみの使用と考えてもらって良いと思います。

そのようなキー入力作業がそれなりに多い人間が文字入力メインで使用した場合の耐久性と考えてください(・_・)

おそらく、PCはゲーム用にしか使わないとか、ゲーム専用のキーボードと組み合わせてFPSなどをプレイするためだけに使う~といった使い方であれば、もっともっと遥かに耐久性は高いと思います。

写真で現状をご紹介

以下現在の状況を写真に撮ってみましたので貼ってみます。

念の為キーを拭き掃除しましたが、なにぶん使用感のある状態での画像になります。
そういうのが苦手な方や、お食事中の方は見ないほうが良いかもしれません(´・_・`)

おもに使用頻度の高いキーキャップ達

画像一番下段の3つのキーが特に摩耗していますね。

特にSキーは中央部がツルツルなっているのに加え、左側の縁の部分のトップ部のゴムが剥がれかけてきています。

24Wのキーはあまり摩耗してません。

BFRKCの耐久性をどう考えるか

WASDが摩耗したならほかを替えればいいじゃない

この様に管理人の使い方ではだいたい10ヶ月の耐久性となったBFRKC。

1年持たなかったのはちょっと残念かなぁというのが正直な気持ちです。

が、これって勝手に1年ということを期待しただけであって、ラバー製のキーキャップの耐久性としてはこういった感じなのかもしれません。

確かに特定のキーはずいぶん摩耗しました。
そしてツルツルに滑りやすくなっていて、もうあまりキーキャップとしての効果は無いと思います。

普通ならまた新品を買って交換・・・となるわけですが、、、

画像はBFRKCのセットで使ってないキーキャップ(赤)と今BFRKCに交換した元々のリアルフォースRGBのキーです。

このようにまだ未使用のラバーキーキャップがたくさんあります。

ですのでWASDが摩耗したのでそこをもとのリアルフォースのキーに戻して、WASD周辺のQERFを交換すればあと1年(あるいはそれ以上)は使えそうな気がします。

こう考えるとBFRKCはセット全体を使うことでトータルで2年ぐらい持つと言っても良さそうな気もします(・_・)

そう考えれば意外とコストパフォーマンスは悪くないのかもしれません。

できればキーを個別に購入したい

とはいえ、今までWASDをラバートップにしていたのですから、
やはりできればWASDのキーをラバーにしたい。

かと言ってまた一式買うのは割高ですし、使わないキーが更に増えてしまうのももったいない。

ですので、特定のキーをバラで購入できるシステムがあったら良いのになぁと思います。

いろいろメーカー側からすると難しいのだろうとは思いますが、どこかがそういうシステムで販売してくれないかなぁと思います。

終わりに

以上、ゲーミングキーキャップBFRKCを10ヶ月使ってみた感想でした。

繰り返しになりますが、タイプをガンガンする人が文字入力で過酷に摩耗させた結果ですので、ゲーム専用の使い方だとまた全然耐久性は違うと思います。

また製品そのものはラバーとミゾ加工の組み合わせがとても心地よい手触りで、なおかつリアルフォースRGBのLEDもキレイに活かせる素晴らしい商品だと思います。

劣化も天面の摩耗だけで側面のラバーがおかしくなるとかそういうことは一切ありません。また天面にしてもラバーが浮くなどといった事も全くありません。

初レビューの際に書いていたBFRKCが微妙にリアルフォースRGBのキーより背が高い件も、使い始めてすぐ違和感が無くなりましたので問題ない誤差だと思います。

 

製品そのものはとても良いので管理人的にはおすすめできるゲーミングキーキャップです。

他のキーボードの事は比較してないので分かりませんが、BFRKCはリアルフォースRGBと組み合わせるにはピッタリのキーキャップだと思います。

 

というような内容でBFRKCのレポートを締めたいたいと思います。

それでは( ゚д゚)ノ


BFRKCのカラーバリエーションはこちらです。