Steam版ライザのアトリエ 感想 #2 Xbox360コントローラーが動かない時の対処法

レビュー

GMGで購入したPC(Steam)版ライザのアトリエ

その感想を書くシリーズの#2です。

前回#1はこちら

が、今回はゲームのお話の感想ではなく

頻発するXbox360コントローラー使用時の不具合対策

並びに

先日追加されたフォトモードが移動中に出てきて困る場合の対策

について書きたいと思います。

ライザのアトリエは今でもGMGであればSteamより安い定価の上、
更に15%OFFで購入できるようです(この記事執筆時において)。

\Steamよりも遥かに安い/

GMGで買ってもちゃんと日本語で遊べてます。

[Disclosure:記事内のテキスト・画像にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

キー販売サイトの利用はくれぐれも自己責任でお願いいたします。
情報には正確を期するよう努めていますが、
最終的なアクティベートの可否、収録言語等について一切責任は持てません。
セールには時間・本数等限りがある事があります。
アクセス時期によってはセールが終了している可能性があります。

スポンサーリンク

ライザのアトリエでXbox360コントローラーがうまく作動しない場合の対処方法

不具合の状況

ライザのアトリエをXbox360コントローラーで遊んでいるとランダムに突然

ピンピロリン♪

とUSB機器が切断された音が鳴ります( -_-)

かといってXbox360コントローラで全く操作ができない訳でもなく、
普通にフィールドでの移動やボタン操作等はできます。

問題はLT RTといったトリガーボタンが正常に動作しないこと。

これはメニュー画面を開き装備画面でキャラの変更を行う時に
LT、RTが正常に動作しない事で確認できます。

またRTが反応しないので戦闘時にクイックアタックができません。
これが非常に困る…( -_-)

一応、緊急時の回避方法としてLTを押したままRTを押すとクイックに入れるというのは見つけましたが、これでは根本的な解決にならないですよね。

このXbox360コントローラーの問題、
リリース直後からおかしい→パッチが当たって解消された→また別のパッチが当たって不具合が出る
という感じで、開発陣がパッチを当てる度に挙動が変わるという困った状況です。
ほんとにテストをしてるんだろうか?と言いたくもなってしまいます(´・_・`)

なおこれは管理人のおま環ではなく、
Steamの掲示板でも同じ問題で困っている海外のユーザーが何人もいらっしゃいました。

以上が不具合の状況となります。

対処方法

以下紹介する方法で私は問題なく動いていますが、正式な対処法かは分かりません。
今後またパッチなどでおかしくなる可能性はあります。参考程度にお読みください。
※PS4のコントローラーだとどうなるかは試してません。

ライザのアトリエのゲーム側から、
今回のコントローラー認識問題対してアプローチする方法はありません。
ですのでSteam側から対処します。

Steamを開き、SteamTOPメニュー一番左の「Steam」→設定→コントローラ→一般のコントローラ設定を開きます。

開いたらXbox設定サポートの箇所にチェックを入れます(⬆画像で赤枠の所)。
他の箇所にチェックは入れません。
チェックが済んだらこの画面は閉じてください。

これでライザのアトリエのゲーム内で
LT RTが問題なく正常に反応するようになります。
ていうか謎のUSB切断が起こらなくなると言ったほうがいいのかも…。

この対処法に伴う問題点

この対処方法を行うと以下のような問題が発生します。

  • ライザのアトリエのゲーム内で十字カーソルの反応がわずかに遅くなる。
  • メモリーマップ画面で大きなエリア選択時に十字カーソルによる移動が不可能になる。アナログスティックによる動作のみ可能。

特に十字カーソルの反応の遅さは微妙なものではありますが少し気になります( -_-)
なんで反応が鈍くなるのかは分かりません。

願わくば今後まともなパッチが当たり、
このようなSteamクライアント側でのコントローラー設定なしでも
ちゃんと動くようになる事に期待したいです。

大多数のSteamのゲームではわざわざこんな事しなくても
普通にXbox360コントローラーを挿すだけで問題なく動くもの。

ライザのアトリエのゲーム中にだけコントローラーが
USBからすっぽ抜けたような反応になること自体が
どう考えても異常です。

とっととなんとかして欲しいものです(´・_・`)

移動中にフォトモードに入る問題を無理やり回避

フォトモードの問題点

2019年11月19日のアップデートにて
Steam版ライザのアトリエに特にいらない機能フォトモードが追加されました📷

このフォトモード、Lスティックの押し込みで起動します。
なおLスティックはマップ上でライザの移動に使います( -_-)

なので、移動中に素早くスティック操作して敵を回避したいときなどに
ついついエキサイトしてスティック押し込み→フォトモードに入るという
死ぬほどはた迷惑なボタン設定になっています。

なぜ、L+Rスティック同時押し込みでのモード起動にしなかったのか。
あるいはフォトモード自体はメニュー画面からの呼び出しにしてしまうなど、
もっと実装の仕方は色々あったんじゃないかなぁと思います。
なんとなく、おっ!L押下が残ってるからここでええやん!っていう安直な実装ではないかと邪推( -_-)

現状、イライラ錬金釜でしかない、このフォトモード👎
ゲームプレイに支障が無いように回避する方法を試行錯誤
したので紹介したいと思います。

ライザのアトリエのSettingメニューはあくまでもキーボード操作のみが対象

その前にライザのアトリエのキーコンフィグの仕組みについて触れます。
私はここでハマって余計な時間を費やしたので
他の方が同じことをしないように…(´・ω・`)

このゲーム、起動時ランチャーを立ち上げSettingという項目に入ると
キーコンフィグが行える画面がでてきます。

こんなやつですね。

Lスティックの押し込みはキーボードではFキーとなっていますね。
ここでPCゲーマー的な思考パターンで、

「Fのところを使わないキー、例えばデフォルトで振ってないPとかに割り当てれば
コントローラー側ではブランク扱いになってフォトモード自体の起動を外せるんだろうな…」

と考えてしまいがちなんですが、それではうまくいきません( -_-)

この設定画面はあくまでもゲームをキーボードで操作する時の割当てのみに対応していて、ここでの設定とコントローラーのボタンが連動する仕組みになっていません。
それぞれ完全独立です。

更にライザアトリエにはコントローラーのキーバインドを設定する箇所がどこにもありません(内部ファイルをいじれば出来ると思うけど…)。

ですので、Steam側から設定を無理やりいじる必要が出てきます。

Steam側でコントローラーのボタンを置き換える

上で紹介したトリガーの問題を対処したときのように、
またコントローラー設定の画面を開きます。

Steamを開き、SteamTOPメニュー一番左の「Steam」→設定→コントローラ→一般のコントローラ設定へと進みます。

そして今度はそこに表示されている「Xbox360コントローラー」をクリックします。
するとメニューが追加表示されますので、
その中の項目から「レイアウトの決定」をクリックします。

次にコントローラーのキーバインドを変更する画面が表示されます。

ここで左スティックのクリックと右スティックのクリックを入れ替えます。

つまり、これまで右スティッククリックで行っていたライザの視点を正面に向ける機能と左スティッククリックで行っていたフォトモード呼び出し機能を入れ替えます。

これで少しは操作がマシになるかと…( ̄д ̄)

理想を言えば左スティッククリック時の動作自体をOFFにしてしまいたかったんですが、
それはこの画面ではできませんでした。
ボタンには何か1つの機能を割り当てる必要があるようです。

次に考えたのはXbox360コントローラー中央にあるXboxロゴのボタン。
これはライザのアトリエでゲーム中に使わないので、
ここと左スティックのクリックを入れ替えようとしたのですが、
このSteamの設定画面においてXboxロゴボタンをクリックしても無反応で置き換えることはできませんでした。

ということで苦肉の策で右スティックのクリックと機能を入れ替える形式にしました。

フォトモード割り当て変更時の注意点

このコントローラーのボタン配置設定画面、設定を最終的に反映させるためのメニューボタンがうまく表示されずに消えるという非常に厄介な画面になっています。

コツとしては設定画面に入る→スティック同士を入れ替える→他の余計なとこは一切触らず設定保存を行う。

という感じでしょうか。
なんか余計なところを触ると途端にセーブボタンが非表示になるっぽいので
最低限の操作にとどめたほうが良いと思います。

以上の操作を行った所、
左スティックで移動中にもし押し込みクリックしてしまっても
視点が正面を向くだけなので実害がかなり減りました。

ただ、いままでと違ったタイミングで視点が正面になるので
慣れるまでちょっと酔いやすくなるかもしれませんね(´・_・`)

 

一番良いのはライザのアトリエのゲーム内で
コントローラーのボタン配置を変更できる、かつ、
ボタンを割り当てないことも可能にすることだと思います。

もっと言えば決定・キャンセルのAB入れ替えだけでなく、
独自に戦闘時の通常攻撃はAボタンに変えられるーとかも盛り込んでほしいところ。

コーエーテクモ(ガスト)の開発陣には
もっとユーザーが使うことを考えた開発をお願いしたいです。

おわりに:#1から感想の更新

ということでStaem版ライザのアトリエを
Xbox360コントローラーで遊ぶ際の問題点を解消する方法
について紹介しました。

同様の問題で困っている方の参考になれば幸いですm(_ _)m

以下前回の感想#1

Steam版ライザのアトリエ 感想 #1

以降、プレイを進めた現在での感想をちょこっと書きたいと思います。
多少ネタバレになるので、コントローラー設定だけで用は済んだよ
という方はここでお引取りくださいm(_ _)m

では行きます。

●戦闘のコツがだんだん分かってきた

#1ではライザのアトリエの戦闘は面白くないと書きました。

これについてはちょっとずつ印象が変わってきていて、

  • 通常戦闘は相変わらず面白くないです
  • しかしボス戦の面白さが分かってきた

って感じになっています。

特に序盤の強敵であるドラゴン戦でライザのアトリエの戦闘の面白さが分かった気がします。

戦闘時にはRT使ったクイックアタックを駆使して攻撃を連鎖させることが重要、
逆にRT使って効率よくブレイクしていかないと強敵には勝てない。

という事が分かってきて面白くなりました。

ただし、ザコ敵戦は相変わらずめんどくさい&味方からのリクエストオーダーもそれ無理やろって内容が多いので私はほとんど無視してます。
だからキャラが成長しない…( -_-)

●ライザ衣装:「ディヴェルの抱擁」時のクラウディアとのイベントは泣ける

机→更衣室からライザの衣装をディヴェルの抱擁に変えることで発生するこのイベント。

このイベント、音楽がまた合ってるんですよねえ(ノД`)

あまり書くと感動が薄れるので詳しくは触れませんが、
このイベントだけはぜひ見てほしいです!

短いイベント+お話だけどすごくいい話でジーンと来ます(ノД`)

●ボオスがとにかくムカつく

今、失踪したボオスを追って異世界へ…というところまで進めました。

私、このボオスを助けに行くのが本当に嫌で嫌でしょうがなくて
ゲーム時間内で2週間ほどボオスは放置して調合と街の依頼だけこなしてました。

ほっとけばボオス死なんかな?
ていうかもう死んでええやろあんなヤツ(´ω`)

の心です。

そして実プレイとしても1週間ほどライザのアトリエを全く遊びませんでした。
それくらい、それがしボオスの為に動きたくないでござる…( -_-)

ライザがまっすぐで素直な性格(ただし家の手伝いはしないけど)なだけに
ボオスみたいな、あんな心底クズみたいなキャラを用意する必要あったのかなぁ…という感想です(´・_・`)

正直、新サクラ大戦の隊長で中の人がボオスと同じ演技に寄せてきたらどうしようかしら…と冗談抜きで思うくらいムカつきます。

もしかしたらここからボオスが評価を盛り返すストーリー展開もあるのかもしれませんが…。

今の所感想はこんな感じです。

レントの家の生ゴミからラーゼンプディングを作るというろくでもない調合の図


…ということで最近久々に仕方なくボオスを助けるためにゲームを再開しました。

なお、異世界に来た時のレベルが24。
ここまでとにかく戦闘を避けまくって来たので、
異世界の雑魚戦で即死してしまう有様です。
ちょっとしばらくはレベル上げしないとダメっぽい…( ´Д`)

クリアまでまだまだ遠そうですが、
そのうち感想をまた書いてみたいと思います。

それでは( ゚д゚)ノ