OOTP18 ホークスでペナントを戦う4 ~孫さんがデスパイネに不満

PCゲーム

OOTP18のペナントレースをホークスで進めていく第4弾です。

Out of the Park Baseball 18

スポンサーリンク

6月はセ・パ交流戦

OOTP18のホークスプレイ、5月は厳しい展開となりました( -_-)

ハリー監督も現場に入ってみて勝負の厳しさを痛感し、これまで好き勝手に喝!とか言ってたのを後悔してるんじゃないでしょうか ┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、OOTP18、今シーズンは5月の31日からセ・パ交流戦になります。
予定表はこちら。

セ・リーグの全チームと3試合ずつ、合計18試合です。
当たる順番は、中日、広島、横浜、巨人、ヤクルト、阪神の順です。

一番の山場はセ・リーグで好調の巨人と当たるときまでに、どれだけチーム状態が上向いているかだと思います(・_・)
でないと三タテがあってもおかしくない。

しかし、
現実でも交流戦の強いホークスだから気分を一新し、交流戦を機会に一気に復調するかも!(・∀・)

・・・などと夢を見ていた時期もありました・・・( -_-)

中村晃、ヘルニアが悪化して復帰できず

乱闘→コミッショナーから10日の出場停止処分→ケガでDL入り
していた中村晃ですが、そのケガが悪化して復帰が遅れると連絡が入りました。
乱闘なんかするから・・・(´・ω・`)
と思うのですが、こればっかりはどうしようもないので待つしか無いです。

一方、巨人は坂本がケガで5~6週間の離脱となりました。各チーム怪我人で大変なようです。

明石まで怪我をする( -_-)

6月4日、今度は明石がケガで6週間の安静。
もうホークスの1軍はボロボロです。

このOOTP18、ケガを防ぐ方法がなにかあるのだろうか?と探るのですが、ちょっと分かりませんでした。
仕方がないので、なすがまま、流れに身を任せて交流戦を進めていきます。

ようやく戦力が揃い出す。がしかし・・・

交流戦に入り、内川、柳田とケガが治り、ようやく戦力が揃ってきました。
柳田が思ってたよりも早く復帰できたのは嬉しい誤算です(・∀・)

そして6月5日の広島戦の結果がこちら

久々にレギュラー陣がそこそこ揃い和田も完投。なかなかの快勝です。
4月の好調時のメンバーも揃ってきましたしこれで復調できたかな?という気がしてきました(・∀・)

 

が、気のせいでした( ´Д`)

その後もとにかく打てない、守れないの負の連鎖でまったく調子が上向きません。

そして発表された6月12日のチームポイントランキングがこちら。

とうとう2位どころか5位になってしまいました。一気に転落(-_-)
とにかくいつまで経ってもぜんぜん調子が上向いてこないんですよねえ・・・

6月18日
怪我人の状況をチェックしようと画面を開くと

あんた全然投げとらんだろ(#゚Д゚)!!

2軍に追放して全然投げさせていないM坂氏がなんか背中のハリを訴えて6日のケガになっています。
史実に忠実ですね。

6月19日

摂津がケガで投げられず、内川がまたケガ。チックはシーズン開始からケガ→復帰→ケガを繰り返してます。
他にもとにかくチーム内が怪我人ばかり。
ホークスはかつてのスペランカー多村さんもビックリの虚弱集団になっているようです( ´Д`)

ストレスフルな交流戦がやっと終わる

6月19日

交流戦の最終日が終わりました。

※画面外の5月31日の中日戦は勝ってます。

対戦成績は

  • 中日 1勝2敗
  • 広島 3勝
  • 横浜 1勝2敗
  • 巨人 1勝2敗
  • ヤクルト 2勝1敗
  • 阪神 1勝2敗
  • 合計:9勝9敗

で終了です。微妙すぎる・・・

広島に三連勝した時はやっと復調した!と思ったのですが、
そんな事はまったくなく、かろうじて三タテを免れるような展開ばかりでした。

同日時点のパ・リーグ順位表です。
ホークスのマジックは75。勝率は5割7分。2位とのゲーム差は3.5です。
しかし2位のライオンズがここ10試合で勝率7割。
これはいつどうなるか分かりません( ´Д`)

交流戦はただストレスが溜まり、そして怪我人が増えただけで終わってしまいました。

孫さん、デスパイネにおかんむり

交流戦が終わったタイミングでオーナーの孫さんからハリー監督宛にメールが来ました。

どうやら中間査定的な内容のようです。

プレーオフに向けて順調だが何が起こるか分からないから気をつけろ。内川と契約を延長しろ、彼はチームの象徴だ。チームの財政はここまで順調だがもっと頑張れ。

などなどが書かれています。

が問題はこの文章

Acquire a player:

Did you think that sneaking in Alfredo Despaigne would appease me in my request to bring in a Nationally popular player?

I guess he’s better than nobody, but I strongly suggest you keep working the phones.

国際的なプレイヤーを獲得するという(孫さんの)意向に従ってデスパイネを獲得したが、私がそれで満足すると思ったのか?

彼は優れていると思うが、もっと電話を使え。

との内容です。
電話を使えが比喩的な感じなのでどういうことだろう?と思いましたが、

デスパイネに電話しろって意味→デスパイネの成績に不満があるからもっとコミュニケーションを取れ~と推測

他に電話をかけまくれって意味→デスパイネ以外の国際的な選手を獲れ~と推測

どっちみちデスパイネに不満がありそう(›´ω`‹ )

そしてこの項目の表題

Acquire a player:

は、「選手を獲得しなさい」って意味ですよね。

つまりこれらを複合すると孫さんはデスパイネに不満があるからもっといい選手を獲れってことなんだろうと思います。

いやはやこれはとても面倒くさいやりがいのある新たなミッションを突きつけられました・・・(´・ω・`)

いや、こちらとしても正直なところデスパイネにはかなり不満があります。
彼、現実と違って全然打たないんですよね・・・
元々打率はそんなに高くないけど、OOTP18ではホームランもあまり多く出てません。
その代わりにジェンセンがすごすぎるってのもあるんですが、とにかくデスパイネは物足りない。

でも、外人獲れって言われても枠の問題があるんですよね・・・( ´Д`)
今ジェンセンを外すわけにはいきませんし、じゃあデスパイネを外すのか?って気もします。
物足りんとは言え、全く打たないわけでもないですしねえ。。。

既にホークスは外人枠がかなりカツカツです。
ジェンセン、デスパイネ、サファテ、バンデンハークの誰も外せないんですよねえ。

6月も不調で終わる

交流戦後は少しお休み期間があってこの間に少し怪我人の復帰がありました。

そして6月末の様子がこちらです。

6月30日

楽天、ロッテ相手には2勝1敗ペースで進めています。調子が戻ってきたんでしょうか?

6月末時点のパ・リーグ順位表はこちら。

ホークスの直近10試合の成績は6勝4敗。改善してきてます。
一方ライオンズは7勝3敗を保ちホークスとのゲーム差が1縮まって2.5。
ホークスのマジックは70まで減りました。


今回はここまで。
孫さんからデスパイネの代わりを獲れと面倒くさい用事を押し付けられました。
枠の問題はありますが一応外国人選手を探そうと思います( ´Д`)

・・・って国際的なプレイヤーってことは
もしかしてイチロー獲ってくるとかもで良いんですかね・・・

あとはとにかく怪我人が減って4月の好調時に戻ることを願うばかりです。

などを考えつつ、また次回へ続きます( ゚д゚)ノ