Lian li O11 DYNAMIC の背面フィルターをDIY 自作PCへの道#11

ゲーミングDIY

管理人がPCの新調にあたり選んだパーツを紹介するシリーズ第11回。

今回はPCケース

Lian li O11 DYNAMIC(白)

を簡単なDIYでより使いやすくしよう!という内容です。

具体的には

ケース背面のスリット部分に自作のフィルターを取り付け

ます。

とても簡単にできる&費用も安いので他のPCケース用のフィルター作成にも活かせる内容かと思います。

 

管理人が自作にあたって選んだ構成の全体リストはこちらです。

PCパーツ全部注文完了 ー自作PCへの道#6
自作PCへの道第6回目。ついにPCパーツ選びと発注が終わりましたので、最終構成を紹介してみたいと思います。

[Disclosure:記事内にアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはサイトポリシーをお読みください]

スポンサーリンク

お手軽作成フィルターでホコリ対策をしよう!

Lian li O11 DYNAMICの後部スリットはノーガード

Lian li O11 DYNAMICですが、以前紹介したように

PCパーツ全部注文完了 ー自作PCへの道#6

通常のPCケースとは異なってケース背面にケースファンが取り付けられません。

そしてその場所にはスリットが空いていて、割と大きめです(・_・)

拡大

他のケースファン、特にサイドの3連ファンを見た目重視でケース内の空気を排気する方向で付けた場合、この後方スリットからどんどん空気を取り込むので
ホコリもそれなりに吸い込みそうです。。。

なによりイカンと思うのが、側面、天面、底面のスリット部分には純正エアフィルターがついているのに背面はノーガードな点。

ここはケチらずにフィルターを付けてほしかった( -_-)

何れにせよ大きめのスリットが空いたままだとホコリ侵入の問題があるのでフィルターを自作することにしました。

Lian liとディラックはオプション化してもいいのよ(ロイヤリティーは要相談)

ではさっそく材料を紹介します。

  • パンチングペーパーシート
  • 両面テープ付きマグネットシート(セリア)

以上です。500円ほどで自作できると思います(・_・)

 

パンチングペーパーシート

これは光栄堂が制作しているパンチングペーパーという
紙でできたメッシュ状のシートです。
元々はジオラマ等の情景模型製作時に使うものだそうです。

管理人はホームセンター(ハンズマン)の趣味の手作りコーナーをうろうろして見つけました。

 

ホームセンターには金属製のパンチングメッシュも売っていますが、高い&加工がちょっと面倒ですよね(´・_・`)

そしてLian li O11 DYNAMICの背面スリットにはこのシートがサイズ的にぴったり合います(実際には縦方向にあとほんの数ミリだけ長いとよりベター)。

色はホワイト、グレー、ブラックの3色ありましたので今回はブラックを購入。

※全く同じものがAmazonにありました。

光栄堂 パンチングペーパー PP-04 グレー
光栄堂
¥ 378(2018/12/26 11:20時点)

両面テープ付きマグネットシート(セリア)

マグネット粘着シート A4という商品名でセリア(Seria)にて購入。

他の100円ショップにも似たようなものがあるかと思います。

こちらは厚みも薄く、また両面テープが付いているのでフィルターに簡単貼り付けできます。

 

以上を使ってフィルターを自作していきます。

きちんと等幅で切り出したいのでガンプラ制作用のウェーブのT定規を使いました。
1本あると何かと便利です。

ウェーブ HG ステンレスT定規 L
ウェーブ(Wave)
¥ 877(2018/12/26 11:20時点)

幅5ミリで4辺分を切り出し。これをパンチングシートに貼りましょう。

なんということでしょう~匠オリジナルのエアフィルターが完成。
これには依頼主一家の笑顔が目に浮かぶようです(・∀・)

ビフォー・アフター コンプリート
松谷卓
¥ 2,696(2018/12/26 11:20時点)

フィルター取り付け前の状態

取付後

全体画像

まるで最初からあったかのようなフィルターが完成しました(・∀・)

おわりに+考察

以上、Lian li O11 DYNAMIC 背面スリット用エアフィルターDIYについてでした。

元々の設計に無いフィルターを取り付けることでエアフローに微妙な違いは出るかもしれません・・・(・_・)

ですが、メッシュのフィルターを貼っただけでそこまで大きな影響は起こらないでしょうし、なんか問題でもあれば外せばいいだけですよね。

一番大きいのはホコリの侵入が防げる点。
それを重視するのであればこのフィルターはありだと思います。

上でも書いた&画像からもお分かりかもしれませんが、縦方向があと2,3ミリほど長ければぴったりだったんですが、ほぼほぼスリット部分と同等のサイズになっています。

もしギリギリを攻めたいのであれば、上辺と下辺に貼り付けるマグネットの幅をより狭めてみると良いかもしれません。

光栄堂 パンチングペーパー

 

日本でこのLian li O11 DYNAMICを使っている方が果たして何人いらっしゃるか分かりませんが、何かの参考になれば幸いですm(_ _)m

また他のPCケースでも、スリットがあってホコリがなぁ・・・
という方は似たような手順でフィルターを自作してみてはどうでしょうか。

 

さて、長く続いた「自作PCへの道」シリーズは今回で一旦終了。
次回は水冷化をする時にでもまた紹介してみたいと思います。
それか、CPUをZen2に乗り換えるのが先かも・・・。

長い間お付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m

それでは( ゚д゚)ノ


今回の記事に登場した関連商品

Lian li O11 DYNAMIC(白)

光栄堂 パンチングペーパー

光栄堂 パンチングペーパー PP-04 グレー
光栄堂
¥ 378(2018/12/26 11:20時点)